seasoned with salt lastsalt.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

coolでhot 大真面目に遊び半分 それがいつでも上機嫌になれる塩加減


by lastsalt
プロフィールを見る
画像一覧

<   2018年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


麻婆豆腐茄子




体がピリ辛味を求めていたので麻婆味に。麻婆豆腐にするか、麻婆茄子にするか迷ったので両方入れてみた。

最近は作り終わってから、「フツーはどう作るんやろ」と検索をかけてみることも多い。すると、実際に麻婆豆腐茄子というのがあった。邪道かなと思っていたら、そうでもなかったようだ。私と同じことを考える人がいたので、ちょっと面白かった。

「それなら、なんで今まであんまり目にしなかったんやろ?」とさらに調べて見たら、麻婆豆腐は四川料理で麻婆茄子は日本でアレンジされたものだということがわかった。もしかしたら、誰でも知っているレベルのことかも知れないが、妙にな納得してしまった。


[PR]
by lastsalt | 2018-06-14 21:42 | Comments(0)

万引き家族


a0208786_23114551.jpg


本作は、「誰も知らない」の延長線上にある作品だ。システムからはじき出された人々を通してシステムを批判するのは是枝さんの得意とする手法のひとつ。昨今、ニュースを賑わしている法的に守られた家族の危機を、「万引き」という不法行為でつながったデタラメな似非家族の絆を通してあぶり出す。システムの歯車を構成する人々の善意に満ちた「われわれ」ことばの軽さに比べ、万引き家族の構成員のはらわたから染み出たようなことばは鑑賞者の心に残るように仕掛けられている。「捨てたんじゃない、拾ったんだ」「おとうちゃん、おじさんに戻るわ」「ぼく、わざとつかまったんだ」

はみ出た人たちをどれだけ丁寧に描いたところで、そこに正義があるわけではないことをちゃんとわかってクールに描いているのはいい。その証拠に最後まで子どもたちは、お父さん、お母さんとは呼ばないし、家族は離散していく。
世界が評価したのは、イタリア・ネオレアリズモの名作「自転車泥棒」にも通じるヨーロッパの伝統的なテーマを用い、2020年にオリンピックを迎える大都市東京の裏側に生きるはじき出された人々を描き、成熟した社会の病巣とを炙り出したからだろう。そのリアリズムゆえに、「スーパーで食料品を盗むのと税金で好き放題するのは、どっちが罪が深いのか」という単純な問いに結びつく。文化庁から助成金をもらいながら祝意を拒むというのも「万引き」っぽくって面白いじゃないか。



[PR]
by lastsalt | 2018-06-12 02:07 | Comments(0)


a0208786_22145511.jpg

人を深く傷つけるのは、悪意ではなく善意である。人は悪意には身構えられても善意に対してはついつい無防備になるもの。自覚なく威勢良く押し寄せる薄っぺらな正義感で、ひとりよがりな物差しを用いて周囲の景色を測り、貧しいことばでそれを描写し、得意げに欠けを指摘する人はそこかしこにいる。彼らにとっては自分の生活経験がデータベースのすべてで、自分の感覚のみのアンテナで判断された結論を小さな回答欄に書き入れて思考停止する習慣を身につけている。さまざまな宗教や学校教育がそうした人の弱さを強化する。しかし、世界はもう少し複雑で、繊細に出来ていることに目をむけなければならない。そうすれば、彼らも、自らが嫌悪して切り捨てるものの中にも、ささやかな理や思いつきもしなかった願いを見るはずである。自分の納得のために世界を矮小化してはいけない。猫の昼寝を怠惰であると評価しないのは、それが善悪の問題ではなくいのちの問題だと了解しているからだ。いのちそのものの尊厳をどこかに置き去りにしたまま、生きがいや栄光を求めることも、物事を逆さに考える土壌を作っている。自覚出来る悪意がないものを善意だと呼ぶとしても、それはそもそも純粋な善などではない。

[PR]
by lastsalt | 2018-06-02 22:15 | Comments(0)