人気ブログランキング |

seasoned with salt lastsalt.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

coolでhot 大真面目に遊び半分 それがいつでも上機嫌になれる塩加減


by lastsalt
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2015年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧


without 97


a0208786_12315623.jpg
a0208786_12313982.jpg

a0208786_12323033.jpg


憲法98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。

憲法99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

7月15日の衆院の委員会で安保関連法案の強行採決、翌16日には本会議通過により、残念ながら、この法案は成立してしまうことになるだろう。

百歩ゆずって、集団的自衛権をめぐる意見はいろいろあって良いと思っている。日本が「普通の国」ではないことも事実だからだ。

しかし、今回の問題の本質は、集団的自衛権をどうとらえるかではなく、「民主主義の手続きを無視したこと」にある。

戦争放棄と戦力不保持を謳う憲法9条は,第2次世界で失った数えきれない尊尊い犠牲のうえに成り立っている。いろいろな矛盾や意見はあっても、「集団的自衛権を持たないこと」は、国民に選挙で選ばれた国会議員と政府が一体で30年以上積み上げ,国会での長年の議論を経て「風雪に耐えた」解釈でもある。それを一首相の個人的な野心や一内閣の判断で変えてしまってよいわけがない。

国際情勢の変化に伴い、どうしても、集団的自衛権を行使しなければ国民の命と財産を守れない状況が生まれるのであれば、その「共通の認識」のもとに、衆参両院での3分の2以上の賛成による改正案発議と国民投票での過半数の賛成という96条の手続に従い,憲法を改正するのが正しい手続きである。そして、その大切な手続きを憲法自体が保障している。

憲法の条文を改正する手続きを定める憲法96条は、憲法の中では他のすべての条文よりも高い位置にあると考えられている。しかし、安倍は集団的自衛権をゴリ押しするのに必要な国民の後押しが足りないことがわかると、この96条そのものを改正し、現行の3分の2から国会の2分の1の賛成で憲法改正を発議できるようにしたいと言い出した。それも難しいことがわかると、今度は、閣議決定で憲法解釈を変えて、法案を提出するに到った。そして、この強行採決である。耳を塞いで、一つ覚えのわかりやすい説明を繰り返す幼児的万能感に満たせれた危険なおぼっちゃまくん。これが私たちの国のリーダーである。

民主主義というのは、多数決によって間違った結論を出してしまうこともあるが、その手続きだけは絶対に外してはならなない。そして、多数決によって最終的な判断を下す前に、十分に議論を積み重ねることを大切にしなければならない。
by lastsalt | 2015-07-19 12:34 | Comments(0)

クールな刺激


a0208786_21523553.jpg
a0208786_21521724.jpg
a0208786_21513595.jpg

a0208786_21525849.jpg


日本画家の悠ちゃんのグループ展を観に行く。
暑い中、クールな刺激をいただいた。
さあ、私も何か描こ。
by lastsalt | 2015-07-18 22:07 | Comments(0)

乾杯!


a0208786_21272387.jpg


今年の夏休みは格別だ。昨年度と今年度の隙間は転勤のドタバタで埋まってしまったので、実質8ヶ月ぶりのまとまった休みとなるからだ。いろいろ大変だったが、穏やかに1学期を締めくくれた。来週は個人懇談だが、それが終わるとちょっとしたお楽しみもある。出来るだけ何にもしない時間を作ってボーッとしよう。いや、違うか。日頃ボーッとしすぎなので、ちょっとまとまって何かやろうかな・・・どっちでもいいや、とにかく、今日は銀じ郎さんと難波で乾杯!
by lastsalt | 2015-07-18 21:47 | Comments(0)

美しい国へ


a0208786_0373272.jpg


戦後70年目に取り返しのつかない愚かな決定をしようとしている。言わずもがな、安保関連法案のことだ。私は衆愚政治の責任の一端を負う者として、控えめに発言してきているつもりだが、これだけの歴史的暴挙が行われながら、何のコメントもしないことはさらに無責任だと思い、少しだけ書くことにした。

衆愚政治の一端を負うというのは、あくまでも民主主義の手続き上、どうしようもなく発生してしまうものだが、実際の感覚としては、嘘つきで不誠実で頭が悪いあの3拍子揃った最悪のリーダーを選んだ覚えも、支持した覚えもない。

選択肢の貧しい選挙は、当たりのない宝くじのようなもの。だから、そんなくじはくじとして成立しない。宝がなければ、空くじである。だから政治家はタヌキなのかなどと嘯きながら、ますます政治に無関心になる人が増えて行くのだ。

しかし、政治的無関心の代表であった若者たちが、声を上げ始めた。今度という今度は「いいかげんにしろ!」と叫んでいる。何というまともな反応だろう。本当は無関心なんかじゃなかったのだ。無関心を装わなければならないほど、この国はずっと絶望的だったのだということ。でも、もう黙ってはいられない。退屈な国では退屈をしのぐ方法を探せばいいが、戦争する国にだけはしたくない。

憲法を改正したいのは、現状に矛盾を感じているからで、それができないから解釈を変えるという筋道の作り方は、もはや憲法云々の問題ではなく、自分の思いの正当化でしかない。まるで理屈に合わない荒唐無稽な解釈で先人たちの努力を踏みにじろうとしていることは断じて許されることではない。

「国民の暮らしと安全を守り抜く」などと言いながら、法案を提出する前にアメリカ議会で約束し、「十分な議論を重ねて」と言いながら、質問に対して何一つ誠実に応えることなく、耳を塞いで馬鹿のひとつ覚えのように自分の言い分を繰り返すのみ。挙げ句の強行採決である。

憲法を初めて習った子どもたちと9条について論議すると、実に多様な答えが返って来る。30人の平均的な小学生に、色付きではない基本的な情報を与えるだけで、戦後70年間に大人たちが語り尽くしてきたほぼずべての意見が出て来る。

まともな議論は何もなされていない。小学校の社会の時間には、国会よりも遥かにまともな話し合いをしてきたぞ。そもそも国民の意見を全く聴く気のないこの国の、どこに民主主義があるのか。

私は一国民として、今回の採決を断じて許さない。
by lastsalt | 2015-07-17 00:40 | Comments(0)

あゆみ


a0208786_23332821.jpg
a0208786_23304879.jpg
a0208786_23303037.jpg


台風の影響で1日早く通知表を渡す。
「みんなこんな顔して、担任の先生から通知表をもらうんだな」と改めて思う。
私は2年生のクラスのサポートに入った。
低学年の子どもたちは、本当にかわいい。
「1年生のときは、担任の先生がひとりずつだっこして渡してくれたよ」
と、遠回しにおねだりする子もいる。
顔は写していないが、体の表情からも、子どもと担任の思いが伺える。
by lastsalt | 2015-07-16 23:35 | Comments(0)

夜の朝顔


a0208786_0453162.jpg


夜の朝顔は、ちゃんと準備している。
静かに、でも確かに、夜が明けるのを待っている。
by lastsalt | 2015-07-15 00:47 | Comments(0)

燈火会


a0208786_22562381.jpg

a0208786_22564250.jpg
a0208786_2257568.jpg

a0208786_22573231.jpg

a0208786_2327100.jpg

a0208786_2258587.jpg

a0208786_23135443.jpg

地域密着イベント。
子どもたちからデザインを募集して、手づくりの円筒埴輪を並べる。
とにかく晴れてよかった。屋上に吹く風が気もちいい。
by lastsalt | 2015-07-13 23:14 | Comments(0)

7月のChapter29


a0208786_22312864.jpg


暑中お見舞い申し上げます。
7月のChapter29のご案内です。

と き  7月18日(土)
     10:30〜12:00 信仰放談 
                 テーマ「先生」
     12:00〜14:00 周辺のレストランで食事
     14:00〜17:00 フリーな交わり 
                 
ところ  室生振興センター 

「私たちの見たこと、聞いたことを、あなたがたにも伝えるのは、あなたがたも私たちと交わりを持つようになるためです。」(Ⅰヨハネ1:3) 

古めかしい部屋でロの字型に座って雑談するだけで、人の目に麗しいものはほとんどありませんが、静かな喜びと深い味わいがあります。霊の潤いを感じる交わりです。いつでも誰でも参加出来ます。メンバーシップも奉仕当番も献金もありません。

引き続き、信仰放談のテーマを募集しています。信仰放談の配信希望や、出張メッセージのご要望があれば、気軽にお知らせください。もし、お招きがあれば2~3人以上のキリストの御名に集う交わりであれば何処でも参上します。ご連絡は、.bossa@maia.eonet.ne.jp まで。 (頭にsaltをつけてください。※メルアド変更しました。)
by lastsalt | 2015-07-12 22:34 | Comments(0)

田中一光〜美の軌跡〜


a0208786_20552143.jpg

a0208786_2056323.jpg
a0208786_20553938.jpg


アートには無関心の野球&バスケット小僧だった次男が、最近は大学の授業の関係もあって、少しずつ私のフィールドにも興味を持ちつつある。奈良に出かけていたので、妻と娘は買い物に、次男と私で美術館へ。奈良出身のデザイナー田中一光展を観た。サーッと観ておしまいかなと思っていたが、予想以上に丁寧に味わっていたのが印象的だった。

a0208786_21191062.jpg


それにしても一番の驚きは、私も数年前までアトリエを構えていたふるさと元気村と「風のメロジア」のアルバムジャケットの撮影をした「室生山上公園」のワークショップと特別展示があったこと。「Saltさんがいなくなってからサッパリですわ」などと聴いていたので、元気そうでよかった。
by lastsalt | 2015-07-12 21:41 | Comments(0)

江戸三



a0208786_2033047.jpg
a0208786_20323587.jpg
a0208786_20321468.jpg

a0208786_2035227.jpg


志賀直哉、小林秀雄、藤田嗣治、小出楢重、堂本印象、池波正太郎などの多くの文人.墨客が訪れたという奈良公園にある料理旅館「江戸三」にてちょっとした昼食会。

「奈良にうまいものなし」などとよく言われても、反論する気もおこらないが、こちらの料理、なかなか美味しいかった。どれもあっさりした味付けで、素材の味をうまく引き出していた。器も涼し気でとてもよかった。

最近、主食が素麺だったので、たまにはこういうのもいいね。
by lastsalt | 2015-07-12 20:49 | Comments(0)