seasoned with salt lastsalt.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

coolでhot 大真面目に遊び半分 それがいつでも上機嫌になれる塩加減


by lastsalt
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2012年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧



a0208786_23112588.jpg


今日のChapter29には、姫路の姉妹が片道3時間かけて参加してくださり、大きな励ましをいただいた。午前中の放談「信仰と群れ」もY.B.M氏ともにリアルタイムで聴いてくださった。

毎回新鮮で豊かな交わりに感謝。当初の予想どおり、いろんなことが動いている。ずっと使わせてもらっていたぬく森の郷「学びの部屋」も、来月から使えなくなる。少しさびしいが、駅前の室生振興センター(※信仰センターではない)の会議室2を使えることになったので、駅からアクセスは抜群。もちろん駐車スペースも十分。さっそく、来月の予約を入れた。

次回は、7月21日(土)10:00~ Saltと銀じ郎の信仰放談  2:00~Chapter29

http://www2.city.uda.nara.jp/su/su_03_21.php?disp=1&inst_iinf_no=27&from=0311
[PR]
by lastsalt | 2012-06-30 23:29 | Comments(4)

いきなり研究授業


a0208786_22432929.jpg


今年は2学期に全体研が決まっているので公開する義務は全くないのだが、ちょっと思うところがあって研究授業をした。「昨日の今日」という無茶な提案だったのに、高学年スタッフをはじめ、校長先生、教頭先生も見に来てくれた。

子どもたちは、落ち着いて学習に取り組んでくれたので、まだまだ発展途上ではあるが前向きな姿を見せてくれた。

最近、自分の有り様を他者に対して気負わずに開くことの大切さを改めて思う。自分の受けているものをシェアすること、交わりを拒まないことだ。

自惚れもせず、卑屈にもならず、その時々を楽しみ、すべてのことに感謝していたい。「健やかさ」は決してクローズにはならない。
[PR]
by lastsalt | 2012-06-29 00:17 | Comments(4)

いっしょにいることが


Pruneのケーナ奏者であるSueちゃんのバンド「キンキ雑楽団」が14年間の活動の集大成としてCD「いっしょにいることが」をリリース。

Sueちゃんのアトリエに集まってきた障害のある織り仲間が音楽も始めちゃった。練習は好きじゃないけど、お祭りは大好き!というノリで、多くの仲間を巻き込んで楽しんでいる。なんと今回のCDにはかの押尾コータローまでゲスト参加しているというから、Sueちゃんの人望は凄い。海外公演にCD制作とその活躍は留まるところをしらない。とにかく夢をかたちにしてしまう彼らのエネルギーには脱帽だ。私のリコーダー教室の生徒であるさっちゃんも音楽を引っ張っている。彼女もたったひとりで毎月室生まで私の講座にずっと通い続けてくれた。

そして、もうひとつ嬉しいことは、「おはよう・ボンジュール・ハロー」が収録されていること。彼らのレパートリーとしてずっとずっと大切に歌って来てくれたのだ。聴かせてもらって、改めてこの曲を作ってよかったと思った。

音楽は誰のものでない。著作権料など糞食らえである。くたばれ、蛇スラック!
[PR]
by lastsalt | 2012-06-25 23:28 | Comments(0)

少年樹展


a0208786_23334944.jpg


Magatamaさんから、「Saltさんのお時間のある時に、いつでもいいから美術の個展を・・・」というありがたいオファーをいただいていた。ずっと果たせずにいたが、この夏ついに実現する。元気村の時代に描いていた「少年樹」のシリーズ。オリジナルの一点は、ロシアの茶道家が、もう一点は芸大で木彫をやっていた織り作家が買ってくれたので手元にないこともあり、ボサノヴァ・ユニットの相方デザイナーUribossaのサポートを得て、グラフィック作品にしてイラストパネルを制作することにした。前回の個展「44eyes」から5年。今年の夏はアツクなるなあ!
[PR]
by lastsalt | 2012-06-21 23:48 | Comments(0)

教え子VS教え子


a0208786_22425630.jpg


奈良女子大学の大学院で万葉集を学んでいるちいちゃんは、大宇陀時代の教え子。今回特別授業をする為に打ち合わせに来た。「どうせ来るんだから私との打ち合わせだけじゃなく、子どもたちとちゃんと出会って実態を知るように」という言いつけどおり、ちゃんと時間通りに来てくれた。

10年以上の時間を超えて教え子が対面し、「大事してきたこと」を自分のことばで伝えてくれているのはとても嬉しい。「私たちが習ってた頃って、この子たちってまだ生まれてないんや~。ジェネレーション・ギャップ大丈夫かなあ」とちいちゃん。そんなこと言っちゃ私はどないなんねん。

しかし、ことばではなくちいちゃんのもっている空気を子どもたちはちゃんと感じ取って一瞬で打ちとけていた。アホなおっさんと過ごした共通体験が結ぶ絆であろうか。

ちいちゃんへの質問タイム。「Salt先生は昔はイケメンでしたか?」という微妙な質問に対して「え~、今とほとんど一緒やと思うけど」とちいちゃん。おいおい。
[PR]
by lastsalt | 2012-06-21 22:54 | Comments(2)

子どもの眼差し


a0208786_2240781.jpg


毎日いろいろあるけど、とりあえず一週間も一ヶ月も一年も、一瞬の一瞬の積み重ねだ。

「教職の専門性は関係性と即応性に尽きる」とある人は言う。

子どもたちの眼差しは、時として大人の嘘を見抜く。しかし嘘をつく大人ばかりに囲まれていると、子どもたちも嘘に慣れる。そしてその嘘に染まりながら、子どもたちもやがて大人になり、もっと大きな嘘をつくようになるのだろう。

本当のことをはっきり言えないなら、せめて見え透いた嘘はつきたくない。紙一重の即応性が現場の空気をつくる。人知れず技を磨くも楽し。

希望のない時代だが、子どもの笑顔を消したくない。
[PR]
by lastsalt | 2012-06-20 23:03 | Comments(2)

逮捕のあとさき


a0208786_23452970.jpg

サリン事件実行犯逮捕は、「消費税10%」と「原発再稼働」の目くらましだろう。公安は菊池や高橋の足取りや潜伏先などは最初からつかんでいて、いつでも都合のいいタイミングで上げられるように泳がせておいたに違いない。抜群ともいえるタイミング。折しも、NHKがまるで映画の続編映画の封切りを応援するような特番ドラマまで報道した直後のこと。民法のワイドショーはオウム関連のニュースが中心。オウムの無能な手下が今更捕まったところで、はっきり言って、どうっていうことはない。肝腎の麻原は薬漬けで廃人にされているので真相は永遠にわからない。もともと山梨県警の管轄でありながら、東京から本庁が出向いて重要証拠である第7サティアンを撤去してしまったあたりから、私はオカシイと思っていた。まだまだオウム事件には裏がある。例の次課長の河本母の生活保護受給問題も、愚民同士がいがみ合わせるため、正しい怒りの矛先を権力に向けさせないようにする意図があるのだろう。何もかもくだらなすぎる。とりあえず、ギリシャのドラクマ復活が阻止されたことは、問題の多少の先送りにはなったようだが・・・・・
a0208786_2346360.jpg

[PR]
by lastsalt | 2012-06-18 23:46 | Comments(2)

梅雨のあとさき


a0208786_9302764.jpg


プールも始まり体力勝負の夏が来る。忙しい毎日だが、ひとつひとつに丁寧に心を配り、仕事も遊びも「雑」にならないようにしたい。キャパを越えて無理をせず、しっかり体調管理をしながら過ごさないと、どこかにしわ寄せが来たり、息切れしたりするだろう。スケジュールはタイトだが、気持ちにはまだまだゆとりはあるし、自分の中に伸びしろも感じている。授業もギターも、もう少しうまくなりたい。そんなことを思いつつも、今日は明日からのために脱力することに力を注ごう。力を抜いて水に委ねてこそ、気持ちよく泳げることは知っている。夏休みは最高にうまく時間をやりくりして、ライブとイラストの個展、そして旅を考えている。九州そして北海道。行きますよ、今年は。
それにしても、よく降る雨だ。
[PR]
by lastsalt | 2012-06-17 09:45 | Comments(0)

6月のChapter29


a0208786_047316.jpg


と き 6月30日(土)Pm2:00~

ところ 室生ぬく森の郷 学びの部屋

Am10:45~ Saltと銀じ郎の信仰放談「信仰と群れ」も公開していますので、ご希望の方はどうぞ。

電車でお越しの方は、ご一報くだされば、Salt Taxiが室生口大野から送迎します。


地味にブログで案内しているだけですが、どういうわけか、メッセージの配信を希望される兄弟姉妹も続々と名乗りを上げてくれています。いよいよ銀じ郎さんとの放談も核心に近付きつつあります。

Chapter29の交わりも、毎回非常に新鮮です。私の話す割合がどんどん小さくなるといいなと思います。

この国の破れ口に立ち、憂いとりなす者を求めておられます。キリスト教という偽りと狂気の体系から抜け出し、イエス・キリストと直接結び付く者を求めておられます。

それほど長い時間は残されていません。
[PR]
by lastsalt | 2012-06-12 00:47 | Comments(2)

おーい、原発!


a0208786_17252.jpg


「大飯原発再稼働をストップさせるのはかなり難しい」とは思っていたが、こうも易々と嘘と美辞麗句で固めて突き進まれると「情けない」を通り越して絶望的な気持ちになる。

どぜう氏のどのことばをとっても納得のいく部分はない。「国民生活を守るため?」「事故防止は可能?」「停止すれば日本社会は立ちゆかない?」「大都市の豊かな暮らし?」「地元に敬意と感謝の念?」

?????

私の脳ミソではとうてい理解出来ない。空っぽ頭の軽いいのちを賭けてもらっても、何のありがたみも重さも感じない。そうか、いのちを賭けるのは原発再稼働ではなく消費税のほうだった。そして賭けるいのちは、無能な政治家の政治生命だった。ますますアホらしい。

綱を反対方向に引っ張る力が弱すぎる。しかし、これが今の日本国民の民度の低さであろう。
[PR]
by lastsalt | 2012-06-10 01:22 | Comments(4)