seasoned with salt lastsalt.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

coolでhot 大真面目に遊び半分 それがいつでも上機嫌になれる塩加減


by lastsalt
プロフィールを見る
画像一覧

生者と死者にあてがうことばを求めて


a0208786_11352113.jpg

a0208786_1135405.jpg

a0208786_11355985.jpg

a0208786_11362676.jpg

a0208786_11361528.jpg



311から6年。
何も考えず、何も語らないではいられない。
311が911と同じく巨大な暴力によるものなのか、私は知らない。
しかし、原発の事故に関しては、天災とひとくくりに考えてはいけないだろう。
ことが起れば瓦礫のひとつも片付けず逃げて行く、いわゆる「儲ける側」の人たちの「アンダーコントロール」や「安心・安全」などということばの薄っぺらさに辟易としているのは私だけではあるまい。
私たちはもっと怒らなくていいのか。
もっと悲しまなくていいのか。

・・・・・・・

震災と原発事故が起ったとき、私は2枚目のボサノヴァ・アルバムを製作中だった。音楽の無力さを痛感し、もう何もかも終わらせようかとも思った。しかし、それでも音を奏でることの意味を問い直し、逆に何としてもこの年が終わるまでにリリースしようと思った。

希望を失っては人は生きられない。音楽は単なる気休めではない。そう思った。私も少しだけ楽器が触れることで、どれほど慰められたか知れない。

わたしの死者ひとりびとりの肺に
ことなる それだけの歌をあてがえ
死者の唇ひとつひとつに
他とことなる それだけしかないことばを吸わせよ
類化しない 統べない かれやかのじょだけのことばを
(辺見庸「死者にことばをあてがえ」より)


震災関連のコメントで、辺見庸のことばが一番しっくりくる。ひとりびとりの死者に、そして生き残った人たちの悲しみに寄り添える歌はないものか。そんな思いでアルバム「約束の場所へ」を制作した。

Sonho 〜夢〜    Salt&Uribossa

君の夢を見るけど 触れることは出来ない
僕の腕は短くて 君には届かない

目覚めれば 君は消えてしまうから
現実は まるで悪夢のようだよ

この街に君はもういない 僕の安らぐ場所もない
この街に君はもういない 僕の安らぐ場所もない

Sonho ひとときの仮初の逢瀬
そうよ  ひとときの仮初のVoce 

君はあの日のままで 僕だけが年を重ねる
いくら歌っても もう届かない

僕の記憶の中のすべての場面で
君はいつだって 微笑んでいたよ

この街に君はもういない 僕の安らぐ場所もない
この街に君はもういない 僕の安らぐ場所もない
[PR]
by lastsalt | 2017-03-11 11:37 | Comments(0)