seasoned with salt lastsalt.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

coolでhot 大真面目に遊び半分 それがいつでも上機嫌になれる塩加減


by lastsalt
プロフィールを見る
画像一覧

見当ちがいの拳闘


a0208786_11551030.jpg


「私は決勝点がどこかわからないような走り方はしていません。空を打つような拳闘もしていません」(Ⅰコリント9:26)とパウロは言っている。かつて全力でトラックを逆走していた人のことばだけに重みがある。パウロはクールだ。

長距離走は苦手で、ボクシングは見るだけの私だが、言っていることはよくわかる。意識しなければ、人は決勝点がわからないような走り方をし、スタミナを消耗するばかりの無駄なパンチを打つものだ。もちろん、パウロの表現も比喩であり、彼が実際にディープなアスリート経験があったわけではないだろう。

パウロがⅠコリント9章の中で語っているのは、自由と自制についてである。パウロのように、自分に保証された権利をあえて放棄することに誇りを持つことができれば、スピリチュアルなことばの陰に逃げ込んで安住することなどあり得ない。

ちなみに私は今後も誰とも競わないし、殴る気もない。ただ自制が緩みがちな正月に自戒をこめて。
[PR]
by lastsalt | 2017-01-04 12:38 | Comments(0)