seasoned with salt lastsalt.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

coolでhot 大真面目に遊び半分 それがいつでも上機嫌になれる塩加減


by lastsalt
プロフィールを見る
画像一覧

ゴーカイに色遊び


a0208786_223247100.jpg


a0208786_2232280.jpg


a0208786_22313298.jpg


a0208786_2231974.jpg


a0208786_22301485.jpg


a0208786_22343546.jpg


キョーレツな顔を描いた後は、ゴーカイに色遊び。

共同制作は、完成に向けての下請け個人作業になってしまうことも多いが、このワークショップでは、自分の描いたところに友達が色や線を重ねて作品を作って行く。誰の思ったようにもならないところに味わいがある。

自分がせっかく描いたところへ移動して来た友達がさらに筆を加える。自分の表現にこだわり過ぎる子は、上からゴーカイに介入されるとには、2年生とはいえ、当然ながら葛藤もある。

でも、ひとりでは絶対出来ない表現が,友達と一緒だとできる。いろんな色が混じるから面白い。重なるから楽しい。衝突するから面白いのだ。

れもマネしないだろうから、あんまり参考にならないと思うが、授業デザインを貼付けておこう。

1 学習内容     「色や線を楽しもう」
2 ねらい     ① 共同制作を通して自由な表現を楽しむ。
          ② 自分の「好き」を大切にする。
          ③ 友達の表現の「良さ」に気づく。
          ④ 筆の使い方、色の特性に気づく。
3 授業の流れ   
① 前作「キョーレツな顔」の振り返り。
  色と線に特化して意見を出し合う。
② 好きな色1色を選んで、絵の具を机の上に出す。
  なぜ、その色が好きかをグループで話し合い、全体化。
③ 教師によるデモンストレーション。
  手順や道具の使い方とルールを知る。ねらいの確認する。
  モチベーションを高め活動をイメージする。
④ 制作。(各グループに1枚)
  約5分で、子どもたちは座席を移動し色や線を重ねる。
  (子どもたちの活動の様子を見守りなら、適宜支援する。)
  (注目すべきポイントがあれば、活動を止め、全体化。)
⑤ 今日の振り返り。
  友達のよかったところ、自分が工夫したことなどを発表する。
⑥ 片付け。
[PR]
by lastsalt | 2016-10-04 22:47 | Comments(0)