人気ブログランキング |

seasoned with salt lastsalt.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

coolでhot 大真面目に遊び半分 それがいつでも上機嫌になれる塩加減


by lastsalt
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

お気に入りの一枚


a0208786_0382598.jpg


カメラマンのラッキーさんが、15日の写真データをくださった。
その中のお気に入りの一枚。
左手は「平和について」の最後のコードを押さえているので、どの瞬間にシャッターが切られたのがが正確にわかる。
ほかの写真よりもより気味のアングルだ。

カメラに写るもの、写らないものがある。
写真を撮っているのは、カメラではなくカメラマンだ。
カメラがカメラマンの意識しない情報を拾うこともあるだろうが、
カメラマンの意識が、欲しい情報のために時と場面を切りとる。
巧くなればなるほど、後者の割合が高くなるはずだ。

もっといい顔、もっといい姿を撮ってもらえるように、
私自身がもっと巧くならなければと思う。
思わずシャッターを切りたくなる瞬間が連続するような演奏が出来ればいいのだが、
道は険しい。
Commented by ラッキー at 2016-08-22 07:31 x
「欲しい情報のために時と場面を切りとる」というのは、原則的にはそうなんですが、じつは思いもよらないようなものが「偶然に写りこむ」というのも、写真のおもしろさです。

屁理屈に聞こえるかもしれませんが、たぶんいい写真には無意識の表現が大切だと僕は思っています。
Commented by lastsalt at 2016-08-22 10:01
すばらしい写真とコメントありがとうございます。おっしゃっていることはよくわかります。「すべて計算どおり」ってことはないですよね。ただ「無意識の表現が写り込むかも知れない」という意識があることがすでに無意識ではないのです。同時にそれは、目の前に展開している事実や対象に対しての謙虚さの告白でもあります。無意識を意識だと理解して受け止めることによって、よいものが撮れる可能性は蓋然性に変わります。チンパンジーでもよい写真を撮る可能性はありますが、蓋然性は0です。お答えになったかどうかわかりませんが、私が言いたかったことはそういうことです。
Commented by ラッキー at 2016-08-22 18:30 x
「目の前に展開している事実や対象に対しての謙虚さの告白」ですか。なるほど、よくわかりました。
これは写真だけでなく、すべての表現に共通するエッセンスのようなものですねー。
Commented by lastsalt at 2016-08-22 18:54
そうですね。音楽でも聴いて下さる方に対しての感謝の気持ちや喜んでみらいたいという願いがあってこそ、「ボサノヴァなんて知らんわい」と思う方々に対しても、謙虚な気持ちになれます。とにかく、写真ありがとうございました。ラッキーさんに撮ってもらえてすごく嬉しいです。
Commented by さほ at 2016-08-22 19:38 x
写真て不思議ですね。一連の時間と空間の中からある「瞬間」を固定して、作品として目にすることができるんですものね。
私は旅行先などで「あ、いいな!」と思ってシャッター切ったはずなのに、後で見ると「何だこりゃ?」と苦笑いするようなものが多くて、いろんな意味でピンボケです。
だから、他人が見ても「いいな」と思える写真を撮れるって、すごいことですよね。

saltさんの思いのこもった表情が素敵な一枚ですね!
Commented by lastsalt at 2016-08-22 21:21
そうですね。ラッキーさんはプロカメラマンなので本当にすごいです。この夏、台湾への撮影旅行に同行させてもらっていろいろ勉強させてもらいました。
by lastsalt | 2016-08-22 01:01 | Comments(6)