seasoned with salt lastsalt.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

coolでhot 大真面目に遊び半分 それがいつでも上機嫌になれる塩加減


by lastsalt
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

島人ぬ宝


a0208786_1661048.jpg


4年生の両クラスで、「島人の宝」を教材にして授業をした。それというのも、先日の音楽会で、彼らがこの歌を歌ってくれたからだ。5月の運動会では「エイサー」を踊っていて、沖縄をテーマに学習を進めているのだ。しかし、歌詞がどんな意味で、なぜあえて沖縄なのかということは、それほど浸透していないようなので、今回の試みとなった。

子どもたちにこの歌詞の好きなところ、気になるところをあげてもらい、その箇所にポイントを絞って考えてみた。「テレビでは映せない、ラジオでも流せない」「教科書に書いてあることだけじゃわからない」というところに複数の子が反応していた。「それはどういうことかな?」と問うと、「簡単に見つからないものということではないか」という意見が出た。また、島人ぬ宝とは、海や空のことかな?沖縄の空と、奈良県の空はどこが違うの?などなど。

「デンサー節って何?」「トゥバーラーマって何?」というのも多かった。そこで予め用意しておいたデンサー節の歌詞を配布し、本当に「ことばの意味さえわからない」ことを確認した。そして、デンサー節はおじいやおばあが次世代に伝える教訓をテーマにしたもので、トゥバーラーマは恋愛の島唄であることを伝えた。

ここからが本題。「では、なぜ沖縄の歌を歌う人たちでさえ、昔の歌のことばの意味さえわからなくなったのか」を考えてみた。「だんだん歌う人が少なくなったから」「時代が変わったから」「他の県の人に伝わりにくかったから」など、いろんな意見が出た。意見が出そろったところで、その時代の変わり目が1975年の本土復帰であること。最近の事件のことや基地問題にも少しだけ触れた。

これから夏に向けて沖縄にまつわる報道も多くなるだろう。本当のことや、大事な宝ものは、「テレビでは映せない」ものだからこそ、しっかり報道にもアンテナを立てて、自分で調べて、自分の頭で考えてみよう!そう呼びかけて、みんなで、もう一度「島人ぬ宝」を歌って授業を終わった。

授業後に子どもたちが授業の話題を口々に話したり、私にあれこれ質問したり、使った小道具に集まって来たりすると、その授業は成功したと言ってもいいと思っている。
by lastsalt | 2016-07-02 16:06 | Comments(0)