人気ブログランキング |

seasoned with salt lastsalt.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

coolでhot 大真面目に遊び半分 それがいつでも上機嫌になれる塩加減


by lastsalt
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

イダキ


a0208786_23241619.jpg
a0208786_23232989.jpg


「Yisaki(イダキ)」というのは、黒潮文化圏に住むアボリジニが伝統的に使っていた世界最古の管楽器と言われるディジュリドゥの一種。別にアボリジニがディジュリドゥと呼んでいた訳ではなく、侵略者のイギリス人が、聴こえた音に基づくネーミングだそうだ。まあ、楽器版カンガルーみたいなもの。

「Yisaki(イダキ)」は現地の呼び方。Mago(マゴ)」「Yigi Yigi(イギイギ)」などという異なった種類もある。要するに部族ごとに違うのだそうだ。ちなみに、日本に出回っているディジュリドゥの多くはイダキだが、私もそれらを分類できるほど詳しくは知らない。

通常は自然の状態でシロアリに食べられたユーカリから作られるが、人為的にアリの巣そのものにユーカリの木を刺し込んだり、少し穴の開いた木にシロアリを入れて口を塞いで強制的に食べさせるといった製法もあるが、筒であれば何でも音は出るので様々な素材で作られている。ちなみに私が使っているのは竹製。吹き口は幹の細い方を蜜蝋で加工するのが一般的だが、私のは引き口を削ってあるだけ。チューバやスーザホーンなどの大きなマウスピースを使う金管楽器を吹くような、ちょっと緩めた唇でのバズィングによって音を出すのだが、フルートの上級奏者のような循環呼吸が使われる。構造は簡単なだけど演奏は奥がけっこう深く表現も多様だ。私もけっこう昔から吹いているが、未だに循環呼吸をマスターしていない。

また、ディジュリドゥは男性を象徴する楽器とされ、女性が演奏することはない。女性が吹くと妊娠するので吹いてはいけないし、触れてもいけないとする部族もある。とにかく神聖な楽器なのだ。こういうルーツを知っていて、面白がって女子に吹かせているわけではない。軽く紹介して教室に置いておいたらこうなった。いつも反応よく集まってくるのは女の子たちなのだ。さすがに興味を示した女の子たちはコツを教えるとみんな簡単に音を出した。すごいなあ、子どもって。

何の授業かって?社会だが、社会の授業を教科書通りにやっても全く面白くない。それで時々ネタを仕込むわけ。でも、意外に思われるかもしれないが、けっこう忠実に「教科書通り」をやっているSaltです。
Commented by スミレ at 2013-11-21 22:30 x
この前言っておられたのはこれなんですねー。
写真から子どもの声が聞こえてきそうです。

そういえば、女人禁制のものは多いですが
「吹くと妊娠する」って初めて聞いたかもしれません。
珍しいですね。
Commented by lastsalt at 2013-11-21 22:59
周りに「さをり織り」を巻きつけました。むき出しでペイントが一般的です。こういうのを教室に置いておくと面白いですよ。
by lastsalt | 2013-11-21 00:10 | Comments(2)