seasoned with salt lastsalt.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

coolでhot 大真面目に遊び半分 それがいつでも上機嫌になれる塩加減


by lastsalt
プロフィールを見る
画像一覧

タモリの美学


a0208786_2194936.jpg


何となくついていたTVで見たくもない「みのもんた」の記者会見を見ていると、何とも嫌な気分になった。気晴らしに「みの処し方」というタイトルであれこれ書こうかなと思ったが、それも気分のよい作業ではないのでやめにした。

記者会見を見ていて、赤塚不二夫の弔辞を読んだタモリと好対照だなと思った。タモリのギネス番組「笑っていいとも」が終わるらしい。論じるほど見たことがないが、司会者としてのタモリは、私には、熱もやる気もないように見える。そんな半ば投げやりでニュートラルなタモリが時に人柄を垣間見せる場面があるらしい。最近話題のタモリ論の中では、「テレフォンショッキング」に小沢健二が出演した時のタモリの一言に注目していた。「俺、長年歌番組やってるけど、いいと思う歌詞は小沢くんだけなんだよね。あれ凄いよね、“左へカーブを曲がると、光る海が見えてくる。僕は思う、この瞬間は続くと、いつまでも”って。俺、人生をあそこまで肯定できないもん」著者は、この一言にタモリの絶望の深さを感じたという。

8月の2日に、あなたの訃報に接しました。6年間の長きにわたる闘病生活の中で、ほん­のわずかではありますが回復に向かっていたのに本当に残念です。
われわれの世代は、赤塚先生の作品に影響された第一世代といっていいでしょう。あなた­の今までになかった作品やその特異なキャラクターは、私達世代に強烈に受け入れられました。10代の終わりから我々の青春は赤塚不二夫一色でした。

何年か過ぎ、私がお笑いの世界を目指して九州から上京して、歌舞伎町の裏の小さなバー­でライブみたいなことをやっていたときに、あなたは突然私の眼前に現れました。その時­のことは今でもはっきり覚えています。『赤塚不二夫がきた。あれが赤塚不二夫だ。私を­見ている。』この突然の出来事で、重大なことに私はあがることすらできませんでした。­終わって私のとこにやってきたあなたは『君は面白い。お笑いの世界に入れ。8月の終わりに僕の番組があるからそれに出ろ。それまでは住む所がないから私のマンションにいろ­』と、こう言いました。自分の人生にも他人の人生にも、影響を及ぼすような大きな決断­をこの人はこの場でしたのです。それにも度肝を抜かれました。それから長い付き合いが­始まりました。
しばらくは毎日新宿のひとみ寿司というところで夕方に集まっては深夜までドンチャン騒­ぎをし、いろんなネタを作りながらあなたに教えを受けました。いろんなことを語ってく­れました。お笑いのこと、映画のこと、絵画のこと。ほかのこともいろいろとあなたに学­びました。あなたが私に言ってくれたことは、未だに私にとって金言として心の中に残っています。そして仕事に生かしております。

赤塚先生は本当に優しい方です。シャイな方です。マージャンをする時も、相手の振り込­みで上がると相手が機嫌を悪くするのを恐れて、ツモでしか上がりませんでした。あなた­がマージャンで勝ったところを見たことがありません。その裏には強烈な反骨精神もあり­ました。あなたは全ての人を快く受け入れました。そのために騙されたことも数々ありま­す。金銭的にも大きな打撃を受けたこともあります。しかしあなたから、後悔の言葉や相­手を恨む言葉を聞いたことがありません。あなたは私の父のようであり、兄のようであり­、そして時折みせるあの底抜けに無邪気な笑顔は、はるか年下の弟のようでもありました­。あなたは生活全てがギャグでした。たこちゃん(たこ八郎さん)の葬儀のときに、大きく笑いながらも目からぼろぼろと涙がこぼれ落ち、出棺のときたこちゃんの額をピシャリ­と叩いては『このヤロウ逝きやがったな』とまた高笑いしながら大きな涙を流していまし­た。あなたはギャグによって物事を無化していったのです。
あなたの考えは全ての出来事存在をあるがままに前向きに肯定し受け入れることです。それによって人間は重苦しい陰(いん)の世界から解放され、軽やかになりまた時間は前後­関係を断ち放たれて、その時その場が異様に明るく感じられます。この考えをあなたは見­事に一言で言い表しています。すなわち『これでいいのだ』と。

今、2人で過ごしたいろんな出来事が場面が、思い浮かべされています。軽井沢で過ごした何度かの正月、伊豆での正月、そして海外へのあの珍道中。どれもが本当にこんな楽しいことがあっていいのかと思うばかりのすばらしい時間でした。最後になったのが京都五­山の送り火です。あの時のあなたの柔和な笑顔は、お互いの労をねぎらっているようで一­生忘れることができません。

あなたは今この会場のどこか片隅にちょっと高いところから、あぐらをかいて肘をつきニ­コニコと眺めていることでしょう。そして私に『お前もお笑いやってるなら、弔辞で笑わせてみろ』と言っているに違いありません。あなたにとって、死も一つのギャグなのかも­しれません。私は人生で初めて読む弔辞があなたへのものとは夢想だにしませんでした。
私はあなたに生前お世話になりながら、一言もお礼を言ったことがありません。それは肉­親以上の関係であるあなたとの間に、お礼を言う時に漂う他人行儀な雰囲気がたまらなか­ったのです。あなたも同じ考えだということを他人を通じて知りました。しかし、今お礼­を言わさせていただきます。赤塚先生、本当にお世話になりました。ありがとうございました。私もあなたの数多くの作品の一つです。合掌。

平成20年8月7日、森田一義

赤塚作品を愛するSaltは、この弔辞にはグッときた。ほとんど自分を語らないタモリだが、赤塚の亡骸を前に己の美学を饒舌に語っている。何とこの日、タモリが読み上げた弔辞は何と白紙だった。

くだらない番組のくだらなさを知り抜いてギネス記録になるまで続け、大して感動もない歌番組で何の共感もないアーチストを淡々と紹介するタモリは、やはりタダモノではない。
[PR]
Commented by まこ at 2013-10-29 22:46 x
タモリは確かにただものじゃないですが(あの弔辞が白紙だったと聞いて、びっくり、驚くとこは、そこじゃないかもしれないけど)
でも、「みの処し方」 も読んでみたかったです。
子供を持つ者として、身につまされたもので。
親と子供は別の人格ですが、影響し合わないわけはないですからね。
切り離し切れるものでもないし。
私も胸が悪くなるので、朝の番組では、いつもチャンネル変えてましたけど。
Commented by lastsalt at 2013-10-29 23:20
30を越えた子どもの責任を親に問う世の中はどう考えても異常です。障害や殺人とかではなくしかも未遂。ここまで大騒ぎすることかなと。また、「辞めなければおさまらない風潮」を口にしたみのさん自身が、実はその風潮を作ったご本人だという皮肉。親父も息子のとばっちりかも知れませんが、息子も親父のおかげでこの程度の事件で人生ボロボロです。不特定多数の視聴者に向かって発した無責任なことばの責任を今回少しだけ問われたのです。

責任を感じているのか、いないのかわからない物言いも半分計算ずくな感じで良い印象は持ちませんでした。

殴るタイプの子育て、いやなら出て行けという父親ぶりが災いしたと言いながらも、本当にそれが間違っていたとは思っていない感じがしました。会見の締めくくりは息子へのバカヤローでしたが、それは事件後息子に会った時に言うべきことばです。逆に会見では息子にはノーコメントで、締めくくりのことばは、「申し訳ありません」が正しいのではないかなと。
Commented by lastsalt at 2013-10-30 01:39
まこさん、書き忘れました。来週ご家庭で集まりを持たれるようですね。祝福をお祈りします。とてもすばらしいことだと思います。いろいろ雑音や妨害はあるでしょうが、是非続けていただきたいです。
Commented by まこ at 2013-10-30 08:24 x
ありがとうございます。saltさんの考察を聞いてみたかったので、ありがたいです。皮肉だなあとは私も感じました。息子に対しての対応も違う気がしてました。無理言ってしまいましたが、書いてくださってありがとうございます。
はい、もう、1年続けている交わり、細々ですが、大事にしていきます。ありがとうございます。
Commented by lastsalt at 2013-10-30 23:16
細々が一番いいのです。
by lastsalt | 2013-10-29 21:45 | Comments(5)