seasoned with salt lastsalt.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

coolでhot 大真面目に遊び半分 それがいつでも上機嫌になれる塩加減


by lastsalt
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

手紙




私はたいてい10冊くらいの本をいつも同時に読んでいる。昔から、多読乱読で横着な読み方をしている。「たかが人の書いた本」である。初めから、単に自分がより広い範囲で、いつもと違う切り口でモノを考えるきっかけをもらうために読んでいるだけなのだ。他人の頭が考えたことを、まんま取り入れるような素直さも愚かさも共に持ち合わせていない。

信仰放談のテーマにあわせて想いめぐらせるときは、さすがにもうちょっと深い読み方をする。明日のテーマは「手紙」だ。「ゴッホの手紙」を読み返したりもしてみた。でも、アンジェラ・アキや東野圭吾はスルー。こんな風に、あっちこっちへと寄り道しながら、少しずつテーマの芯に向かっていく。

ずっと昔に「末期の眼」というまどみちお論を書いたが、いったい何を書いたのかほとんど忘れてしまった。ただこのやぎさんのお手紙の歌は、何とも切なく胸に残り、信仰のすれ違いの体験が歌われたものだろうと直感したことを記憶している。まどさんはホーリネス系の教会で洗礼を受けたものの、中途半端な信仰だったので、中途半端な教会とも距離を置き、中途半端なヒューマニズムに落ち着いているのだろうというのが私の見方である。馬鹿にしているのではない。まどさんの詩は嫌いじゃない。むしろ、彼の信仰を挫折させた教会が腹立たしい。まあ、このあたりの言い回しは微妙だし、想像の域を出ない。

とにかく、明日は「手紙」をテーマに、銀じ郎さんと好き放題に喋る予定。
[PR]
by lastsalt | 2013-05-11 01:22 | Comments(0)