seasoned with salt lastsalt.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

coolでhot 大真面目に遊び半分 それがいつでも上機嫌になれる塩加減


by lastsalt
プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


子牛


a0208786_20460278.jpg
a0208786_20464348.jpg
a0208786_20480748.jpg
a0208786_20462776.jpg

「いのちをいただく」の学習をしたので、子牛を作ってみた。

[PR]
by lastsalt | 2017-11-27 20:50 | Comments(0)

勝利





今日のChapter29は、葛城市の工房SIGNでの開催。テーマは勝利。

そもそも勝利とはどういうことなのか。勝つとは、相手に対する優位を一定のルールの上で,客観的に証明し、承認されること。時には、征服し、服従させ、所有することさえ意味する。
 
メジャーリーガーが高校生ピッチャーからホームランを打っても自慢にはならない。プロボクサーがチンピラをぼこぼこにしても褒めてもえるどころか警察沙汰だ。勝負というのは、力の拮抗している参加者の間でのみ成り立つ。つまり、圧倒的に力のある者がその力で相手を圧倒しても、全く面白くない。

創造主が被造物を圧倒し支配しても、それはあまりにも当然で、少しも面白くない。神が人を力でひれ伏させたところで、そんなものは、とうてい褒められた在り様ではない。人は善悪を知ったことによって神から離れたが、それは神が神たる為の必然であったとも言える。人は善悪を知ったことによって罪に苦しみ、実行不可能な善を希求する。善悪を知ることがなければ、人間は自然を構成する造形の一部にすぎなかったのだから。

神が悪魔に勝利しようが、それも取り立てて感動的な話ではない。たったそれだけのことならば、信仰など、所詮、勝ち馬に乗りたいから神に媚びる手段だと言われても仕方ないだろう。神の偉大さは、力による支配がいかに虚しいかを人に判らせる為に、その力を封印されたとことにある。

(ピリピ2:1〜11)

信仰による勝利は、感覚的に味わったり、共有したりできるものではない。オリンピックの金メダルや、野球のビールかけの祝勝会のようなわかりやすさはない。実感を求める人たちは、神のときを待てない。神の与える分に満たされない。信仰は勝利の根拠を十字架に見つける。そして、静かにその人格に触れ、その約束に賭ける。

小さいもの、弱いもの、柔らかいものが、一番強い。


[PR]
by lastsalt | 2017-11-24 00:11 | Comments(0)

燃えろいい女





a0208786_00054122.jpg



a0208786_00064821.jpg
先日のライブにも来てくれた教え子のなっちゃんは、ファッション界でキャリアを積み、今ではアパレルの店長さんをして活躍している。でも、これからの人生を考えたとき、いつか障害のある人たちのファションに何か提案出来るような仕事がしてみたいという夢を語ってくれたので、青葉仁会を紹介することにした。まず11月にオープンしたばかりの日笠ワークス・カフェ水仙月でお話をうかがい、さらにハーブクラブや宿泊棟を丁寧にご案内していただいた。

私は安易に夢を語ったり語らせたりするのは、それほど好きではない。例えば、子どもに夢を語らせるなら、夢を実現するために差し出すべきものをきちんと示してやらないといけない。でも、夢がなければ何事も始まらない。そして、なっちゃんはもう立派な大人だ。

夢が大きいほど、支払うべきものも大きい。何かを失うことなしに、何かを得ることない。それが時間であったり、情熱であったり、また、喜びであったり、苦痛であったり、あるいは、目に見える何かや人間関係であったり。そうしたあらゆる価値を交換しながら人は生きている。あることを選ぶことは、別のことを拒むこと

なっちゃんをはじめ、出会った子どもたちの人生に、いつまでもアホみたいにエールをおくり続けるのが、担任の先生としての道楽なのです。

燃えろ!いい女。燃えろ!ナツコ〜。


[PR]
by lastsalt | 2017-11-20 00:07 | Comments(0)

55











11月17日、健やかに55回目の誕生日を迎えることができました。たくさんのお祝いメッセージを本当にありがとうございました。

ちょうど「はならぁと」の反省会もあり、会議のあとの宴会では、私の誕生日サプライズで実行委員長田川さんの手作りの「はならぁと」スペシャルケーキが登場。

そして、辻本君からは薩摩の芋焼酎「魔王」をいただきました。これが何ともすっきりした口当たりと深い香りでグイグイいける。

写真だけ見ると、ケーキを肴にお酒を飲んでいたみたいだけど、もちろん時間差はあります。

さらに、hirviの檜垣さん、永松さんから登山用にと靴下のプレゼントもあり、実に幸せな夜。心はすでに冬山へのスタンバイが出来ました。


[PR]
by lastsalt | 2017-11-18 22:19 | Comments(0)

来た人が着た人になる


a0208786_19553181.jpg
a0208786_19553583.jpg
a0208786_19553979.jpg


はならぁと2017ぷらす・橿原エリア・八木札の辻/今井町に行ってきた。

地図を片手に①から順番に回ろうと、意匠作家の藤田家のウオタニサエさんのところへ。舞台美術も手がけておられるということで、ユニークな作品がいっぱい。いきなりずいぶん盛り上がってしまった。

「来た人が着た人になる」参加型の展示に好感が持てた。

発信することで精一杯の作家が多い中で、訪れる人から受信したり、その場で生まれるものを大切にしたりする作家はけっこう少ない。


[PR]
by lastsalt | 2017-11-04 19:56 | Comments(0)