seasoned with salt lastsalt.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

coolでhot 大真面目に遊び半分 それがいつでも上機嫌になれる塩加減


by lastsalt
プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


ウルルでウルウル


a0208786_21591392.jpg

a0208786_21593363.jpg

a0208786_220359.jpg

a0208786_2201926.jpg


昨年に続いて、アニマル・パークでのウルルのコンサート。
久しぶりにかつての教え子とも会えて、とてもいい時間を過ごせた。何で私が出会った子たちは、こんなにいい子ばかりなんだろう。
そして、大宇陀で一緒に勤めた同僚が、スタッフに加わっていてビックリ。教員のお友達は少ない私にとっては、彼は数少ない貴重な人材なのだ。
例の猫耳帽子をかぶっていると、「何すか、それ?」とキッチリつっこんでくる。「何言うてんねん。アニマル・パークやから、猫ちゃんに決まっとるやろ」「バットマンかと思いました」
家に帰ると、息子家族が来ていた。急きょおでんパーティー。孫娘も反応が豊かになって、少しずつ一緒に遊べるようになってきた。
いろんなことがあるけれど、明日は今日より少しいい日になると、今日も、信じることができる。大丈夫だよ。なっちゃん。
[PR]
by lastsalt | 2017-01-29 22:00 | Comments(0)

画伯誕生


a0208786_225378.jpg

a0208786_2252946.jpg


図工専科と相談して、キット教材を買わずに浮かせたお金で学年毎に筆を買おうということになった。「スマホ代は惜しまなくても、絵筆は100均で十分」という昨今の価値観を覆すことは難しい。

ひどい筆ではやはりまともな絵は描けないのだが、絵の出来不出来はもちろん、描き味の快不快を問題にする親は少ない。

大きな紙に太い刷毛で好きに描きなぐるだけで、作品の出来など関係なくそれ自体楽しいものなのだ。そうした「描くこと」「作ること」の原点に還りたいものだ。

失敗のリスクの低い手軽なキットの購入は、可能な限り控えたい。仕上がりが似たり寄ったりのなるのは、素材や手順が同じだからだ。言われた通りにうまくやれたかどうかが、図工・美術でさえ価値になるとしたら、創造性が育つ筈がない。
[PR]
by lastsalt | 2017-01-25 22:25 | Comments(0)

カメラが写すもの


a0208786_21564526.jpg

a0208786_21563032.jpg

a0208786_2157130.jpg

a0208786_21571936.jpg


最近一緒に勉強することになった男の子が、私のカメラで撮った写真が面白い。以前から写真やカメラを使いたいと思っていたのだが、いよいよやってみようと思う。彼らが見ている世界や、反応するものをきちんと捉えてこそ、オーダーメイドの教材のかたちが見えてくる。
[PR]
by lastsalt | 2017-01-23 22:06 | Comments(0)

a0208786_2356355.jpg

a0208786_23563436.jpg

a0208786_2357015.jpg


特別に声をかけなくても、投句箱に群がる子どもたちの姿があったり、優秀作品を選んでくれる図書ボランティアの長寿会の方の姿があったり。少しずつ俳句づくりが学校の文化として根付いてきたのかな・・・・
[PR]
by lastsalt | 2017-01-17 23:59 | Comments(0)

寒気でも元気


a0208786_2049831.jpg

a0208786_20513324.jpg

a0208786_20485049.jpg

a0208786_2050586.jpg

a0208786_20502740.jpg

a0208786_21132562.jpg


この冬一番の寒気がやって来るということで、急きょ三峰山登山。
三峰山は霧氷のスポットとして有名な日本三百名山の一つ。標高は1235mで、往復10Kmのコースは、ほどよい距離だ。
八丁平で、思いっきり吹雪かれて飛んで行きそうになったが、それもまた一興。
時々雲の切れ間から射す光が本当に美しかった。
[PR]
by lastsalt | 2017-01-14 21:25 | Comments(2)

特命係の1日は長い


a0208786_23394029.jpg

年が明け、またひとつお仕事が加わり、具体的に量がドーンと増えてしまった。
量をこなして満足するのではなく、質を高めなければ。
何だかよくわかならないうちに、ドタバタしながら時間が過ぎて行くのも嫌だし、繊細な感覚を麻痺させてやり過ごすのも違う。
時間や空間に縛られる感覚が強くなるのは健やかではない。
もうひとつレベルアップして、気持ちにゆとりを持てなければ、いい仕事はできない。
[PR]
by lastsalt | 2017-01-13 23:40 | Comments(0)

鈴屋


a0208786_21493376.jpg


a0208786_2150326.jpg

本居宣長の足跡をたどり、国学の道を歩いて来た。
最近、日本文化の底流に流れている神話の影響に興味を持っている。
「大衆がヤンキー化しており、そのルーツがスサノヲにあるという説」などはかなりの説得力があり面白い。
今日は特別に本居宣長の旧宅である鈴屋の2階の書斎にも入ることができ、なかなか感慨深いものがあった。
[PR]
by lastsalt | 2017-01-07 21:50 | Comments(0)

見当ちがいの拳闘


a0208786_11551030.jpg


「私は決勝点がどこかわからないような走り方はしていません。空を打つような拳闘もしていません」(Ⅰコリント9:26)とパウロは言っている。かつて全力でトラックを逆走していた人のことばだけに重みがある。パウロはクールだ。

長距離走は苦手で、ボクシングは見るだけの私だが、言っていることはよくわかる。意識しなければ、人は決勝点がわからないような走り方をし、スタミナを消耗するばかりの無駄なパンチを打つものだ。もちろん、パウロの表現も比喩であり、彼が実際にディープなアスリート経験があったわけではないだろう。

パウロがⅠコリント9章の中で語っているのは、自由と自制についてである。パウロのように、自分に保証された権利をあえて放棄することに誇りを持つことができれば、スピリチュアルなことばの陰に逃げ込んで安住することなどあり得ない。

ちなみに私は今後も誰とも競わないし、殴る気もない。ただ自制が緩みがちな正月に自戒をこめて。
[PR]
by lastsalt | 2017-01-04 12:38 | Comments(0)

a0208786_014166.jpg

a0208786_025035.jpg

a0208786_023763.jpg


新年あけましておめでとうございます。

大晦日は祖母の命日で、いろんなことにけじめをつけて新年を迎える区切りになっている。

そして、元旦は娘の誕生日なので妻の実家に集合し、2日は亡き父の誕生日なので私の実家に集合するというのが、ファミリーのしきたりとなっている。

両家のゴッドファーザーの不在はさびしい限りだが、母たちに曾孫の顔を見せてやれたのは、私としては上出来の親孝行だったと思う。

一番上の写真は、酉年なので娘手製の鶏胸肉のハム。昨日はちょっと飲み過ぎたので、今日はワインを少しだけ。
[PR]
by lastsalt | 2017-01-03 00:04 | Comments(0)