seasoned with salt lastsalt.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

coolでhot 大真面目に遊び半分 それがいつでも上機嫌になれる塩加減


by lastsalt
プロフィールを見る
画像一覧

<   2015年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧


アクティブ祭り


a0208786_0311852.jpg

(写真は何年か前の夏のライブ。田原本のカフェ・ アルコにて)

8月9日に続き、さら地元宇陀市での演奏が決まりました。
Salt&Uribossaの出演は、11時30分から約1時間です。

第5回アクティブ祭り『伊那佐の文化祭』~みんなで生きるってええやん~

今年もやります!アクティブ祭り『伊那佐の文化祭』今年でいよいよ5回目です。毎年たくさんの地域の方にご来場いただきうれしく思います。今年は初の音楽イベントなどを催し、これまでとは違った内容を企画しています。ご来場ぜひお待ちしております。

日時:9月6日(日) 10:00 ~ 16:00 

場所:アクティブセンターうだ 伊那佐体育館
   宇陀市榛原山路491番地

内容:
◆ステージイベント(出演者は後日発表)
◆飲食ブース(あいちゃんのやきそば、特製コロッケ、タンドリーチキン、宇陀牛丼などなど)
◆生産品展示会『ひかり展覧会』~さをり・紙すき 光の世界~
◆東日本大震災復興支援販売会
◆豪華賞品を目指せ!アクティブ体験ツアー『アクティブオリエンテーション』

お問い合わせ
『アクティブセンターうだ』 TEL:0745-82-3088
              e-mail: active-uda@kcn.jp

『ココット』        TEL:0745-85-1230
e-mail : cocotte@heart.ocn.ne.jp

主催:アクティブセンターうだ

[PR]
by lastsalt | 2015-07-31 00:38 | Comments(0)

756


a0208786_1930679.jpg

a0208786_1930354.jpg

a0208786_19314667.jpg


毎日遊んでいるようだが、実は研修やら会議やら懇談やらで、今日はこの夏はじめての休日。

明日帰ってしまう娘とドライブ。センサート・ギャラリーで橋本リサ展を見てから、「涼しいところへ行こう!」ってことで、標高756mの青山高原へ。

名張のつぐみカフェでブレイク。
[PR]
by lastsalt | 2015-07-28 19:53 | Comments(0)

面従腹背


a0208786_842520.jpg

a0208786_8422086.jpg


前向きに生きよう。

いえ、何のメッセージもない、ただの遊びです。

わが娘、就職活動中。
[PR]
by lastsalt | 2015-07-28 08:48 | Comments(0)

菓子鉢制作


a0208786_0325098.jpg
a0208786_032364.jpg

a0208786_033142.jpg


土ひねり楽し。
[PR]
by lastsalt | 2015-07-28 00:53 | Comments(2)

再会②


a0208786_23354891.jpg

a0208786_2337245.jpg
a0208786_23363130.jpg


恒例の洋画教室。今回は寝ポーズ。あえて難しい位置から描いてみた。少しも上手くはならないが、最低限のデッサン力劣化防止にはいくらか役立っている。ここ数年はパステルで仕上げていたので、久しぶりに水彩絵の具を使った。透明水彩に白のガッシュを併用。

そのまま、橿原神宮駅へ美術部後輩女子ふたりを迎えに行き、「両手に花」で当時の顧問が経営する鉄板焼きのお店へ。おなかいっぱいの一日。
[PR]
by lastsalt | 2015-07-26 23:46 | Comments(0)

再会①


a0208786_23264478.jpg

a0208786_2327924.jpg

a0208786_23273512.jpg


中学時代の友人たちとの再会。友人が経営する割烹料理店の一部屋で小さな宴。幹事のN君の呼びかけで母校田原本中学を訪ねる。といっても校門の前に5分ほどいただけだが、40年近く前の封印されていた記憶が不意に蘇ってきた。

時間は不可逆な連続した流れであり、「今」というときは特急列車で通過する駅のように、とらえどころがありそうでなさそうで、それでいて確実に「過去」へと流れて行く。それぞれが過ごしてきた時間が交差する点が、それぞれの「未来」にとっても意味のあるものであって欲しい。

今回の主役であるサンディエゴ大学教授のI君は、てっきり数学の先生だと思っていたら、心理学をやっているというからびっくりした。そちらの専門分野についてもゆっくり語り合いたいものだ。
[PR]
by lastsalt | 2015-07-25 23:42 | Comments(10)

4年ぶり


a0208786_0203719.jpg

a0208786_0252653.jpg


4年ぶりに子どもの顔を描いてみた。
百均で買ったスケッチブックに落とし物のBの鉛筆1本で描いた。
明日も子どもたちの笑顔のために、ちょっとだけがんばろう。
[PR]
by lastsalt | 2015-07-23 00:28 | Comments(2)

母屋とはなれのたとえ


a0208786_23242650.jpg


20日、フジテレビの生番組に出演した安倍さんは、集団的自衛権の行使を火災の消火活動にたとえて、模型を使って説明した。

「日本家」から道路を隔てたところに立っている「米国家」の母屋から出火した場合は、日本は現行憲法上は消火活動を行う事ができない。「米国家」のはなれの炎が道路をはさんで隣接する「日本家」への延焼が予想される場合には、「日本家」の存亡に関わる深刻な危機とみなし、「日本の消防士が消しに行くことができる」と説明した。また、「米国の消防士に安全な場所で日本の消火器を渡すことも可能だ」と強調した。

このタイミングで、わざわざ模型まで使って説明したこの譬えはいったい何のことなのか!?いや、譬えが適切かどうか以前に、そもそも安倍さんはこの法案の内容とそれがもたらす結果についてどれだけ理解できているのだろうかということが不安になる。どんなメリットやリスクがあるかをわかっているのだろうか。

まず、戦争を火事と消火活動に譬えた段階で、安倍さんは故意に本質を隠していることは容易に理解できるが、その詭弁がこの譬えをより混沌としたものにする。消防車はひたすら火を消し、隊員は人命を救助するが、戦車は街を破壊し、軍人は人を殺すのが仕事だ。軍隊と消防隊員に共通点は危険なところで仕事をする隊員だということくらい。

次に、紛争を火事と重ねて考えてみよう。火事を検証する場合、そもそも出火原因は何で、火元はどこなのかを明らかにしなければならない。

さらに、「マッチポンプ」ということばもあるが、実は「米国家」の主人は知る人ぞ知る放火魔なのだ。ここが最大のポイントである。

自分の家にも他人の家にも火をつけてまわり、さらに火を大きくする不思議な消火器を売りまくって荒稼ぎするような主人だとしたら・・・・

そして、「はなれ」という位置づけの国が何のことだかさっぱりわからない。「はなれ」は「母屋」の権力が及ぶ範囲であり、利益を共有する存在である。だとすると、道をへだてた「日本家」とは違う。同じ血の同盟という敷地の中にあるのなら、「はなれ」こそが日本ではないのか?

さらに、母屋からはなれへ延焼するという順番もよくわからない。そして、火事の火元がわかっていたら、火事はおこらない。
[PR]
by lastsalt | 2015-07-21 23:32 | Comments(0)

梅雨明け


a0208786_2235564.jpg


梅雨が明け、気持ちのいい青空が広がる。かねてより、今日は家族とゆっくり過ごそうと決めていたので、絶好のお出かけ日和となった。といっても、あくまでも「ゆっくり」が目標なので、遠くへは行かない。隣町の名張でランチ。嫁さんが下調べしてくれたお店に行ってみた。彩りも味もよく、強い主張はないがあっさりすっきりしていて、なかなかよかった。久しぶりに息子ともいろんな話が出来た。

ノリで電動のかき氷機を買ったが、家に帰ってからシロップを買い忘れたこと思い出し、次男を後ろに乗せてバイクでAコープへ。総菜コーナーにひとつだけ残っていたアメリカンドッグに目の前で半額のシールが貼られたので、思わず息子の下げていた買い物かごに入れた。小学校のとき、市営プールで泳いだ帰り道に必ず買って食べたものだが、よく考えると40年以上食べていない。

実は、今週末は中学時代の懐かしい友人たちとの再会があるので、子どもの頃の感覚を思い出して時差ボケに備えられた感じだ。美味しんぼではないが、味覚から思い出す光景やよみがえる心象があるものだ。
[PR]
by lastsalt | 2015-07-20 23:01 | Comments(0)

13


a0208786_14414593.jpg


憲法の言葉遣いや現状と食い違いにはいろいろ思うところがあるが、「曖昧な日本の平和」を支えてこれたのは、間違いなくこの平和憲法のおかげである。

かつて、高校時代のバンド仲間である弁護士のH君に、「憲法の一番大事な条文は何か?」と訊ねたことがある。彼は間髪入れず「そりゃ、13条やろうな」と答えた。以来、私は憲法の前文および、9条に加え、13条、97条は、6年生の3学期の社会の学習でたいてい暗誦させている。あるいは、基本的人権について、国の防衛について、様々なトピックでディベートさせる。だから、私と一緒に勉強した子どもたちは、13条には何が書いてあるか、おぼろげながらでも覚えているのだ。それが日本国民の標準である。

さて、わが国のリーダーの果てしない無知ぶりは、そんな普通の国民の想定を越えている。何しろポツダム宣言の内容を知らずに戦後レジュームがどうのこうの言っているのだから、もうどうしようもない。先日も、辻元議員から、あなたはいつ砂川事件の判決文を知ったのか。誰に入れ知恵されたのかと激しく責め立てられ、子どものような言い訳をしていた映像を見たばかり・・・・

私は、仮にも一国のリーダーを単に好き嫌いとかで根拠も無く批判するつもりはない。まあ、どのくらいひどいかは、少し長いけど以下の国会でのやりとりを見ればわかる。今すぐ、その地位からひきずり下ろし、権力を奪わないと危険なレベルだということ。

■183-参-予算委員会-8号 平成25年03月29日(議事録抜粋)
○小西洋之君 ・・・総理、三権の長である、行政のトップ、内閣総理大臣の立場としてお答えください。憲法の中で一番大切な条文を一つだけ挙げてください。何条ですか。

○内閣総理大臣(安倍晋三君) 一つだけ挙げることはできません。

○小西洋之君 今、後ろから優先順位は決められないというやじがありましたけれども、憲法が基本的に分かっていない方。多分、谷垣前総裁はお分かりでしょう。実は、理論的には分かるんです。  じゃ、そのことを今から解き明かしてまいります。では、じゃ具体的な話、総理、憲法において包括的な人権保障、包括的な人権規定と言われる条文は何条ですか。安倍総理、どうぞ答えてください。

○内閣総理大臣(安倍晋三君) 今そういうクイズのような質問をされても、暫定予算を議論をしているわけでありますから、余り生産性はないんじゃないですか。それだったら、そういうのを聞くんだったら、私に聞かなくても調べればいいじゃないですか。

○小西洋之君 私は知っています。今総理が答えられなかったことは、大学で憲法学を学ぶ学生が一学期でみんな知っていることですよ。   重ねて聞きます。総理、総理は、日本国憲法において包括的な人権保障を定めた条文、何条か知らないという理解でよろしいですか。どうぞ。

○内閣総理大臣(安倍晋三君) これは、済みませんけど、大学の講義ではないんですよ。国会で大切な暫定予算の議論をしているんですよ。こんなやり取りが生産的ですか。

○小西洋之君 暫定予算の質問にふさわしくないと言いましたけれども、憲法の中で最も大切な条文の位置付け、またその内容を知らずに予算を編成し執行すること自体が内閣として失格なんですよ。  まあ、そのことおきます。じゃ、今総理は人権の包括規定を知らないということをこの国権の最高機関の委員会の議事録に付させていただきました。  では、聞きます。総理、個人の尊厳の尊重、個人の尊厳の尊重を包括的かつ総合的に定めた条文は何条ですか、憲法、日本国憲法何条ですか。

○内閣総理大臣(安倍晋三君) まず、余り人を指さすのはやめた方がいいですよ。これは人としてのまず初歩ですから。そのことは申し上げておきたいと思います。

○小西洋之君 指さすのは、やむにやまれぬ、国民のためにやむにやまれぬとき以外はしません。  では、今、私が問うた質問。個人の尊厳の尊重を包括的に定めた総括的な規定は何条ですか、憲法第何条ですか。

(中略)

○小西洋之君 憲法、日本国憲法において個人の尊厳の尊重を包括的に定めた条文は何条ですか。総理、総理、総理に問うています。

○内閣総理大臣(安倍晋三君) それをいきなり聞かれても、今お答えできません。 それと……(発言する者あり)その、すごいとかいうことではなくて、こんな相手がすぐ答えられないことを今ここで質問して、まるで自分の方が優越に立っているような、そういう子供っぽいことはやめましょうよ。

○小西洋之君 私の質問が、仮に日本国憲法が五十条、五十一条、五十二条、五十七条まで何を決めていますかと聞かれれば、私も残念ながら明確には答えられません。後ろから今官房長官が助けに入りましたね。 私は、聞いているのは、じゃ総理、カンニングしないで。憲法において、あなたは今、包括的な人権を定めた条文を知りませんでした。では、幸福追求権を定めた条文は憲法第何条ですか。幸福追求権を定めた条文は憲法第何条ですか。どうぞ。

○内閣総理大臣(安倍晋三君) それ、こういうやり取りは、私、何の意味があるか分かりませんよ。じゃ、これを決めた、憲法九十三条、九十一条は何だとか、そういう、何の意味があるのか分かりませんけどね。これ、やるんだったら大学の憲法学の講義でやってくださいよ。

○小西洋之君 この条文は、私が問うている条文、じゃ、今議事録として、総理は幸福追求権を定めた条文を知らなかったということを私は付させていただきます。  総理、今総理が答えられなかった条文は、総理が声高に言っている普遍的価値の実現あるいは法の支配の実現、その中枢を成すものです。また、日本国憲法が何のためにあるのか、日本国憲法の下で立法府、行政、司法が何のためにあるのか、全てそこに行き着く究極の条文なんですよ。憲法第十三条ですよ。憲法第十三条を知らない。憲法五十条から五十七条までの条文が分からなくても、具体的、個別に言えなくても、憲法十三条が分からないというのは、これは驚愕の事実ですよ、総理。あきれます。  じゃ、総理、じゃ、総理、今お手元に自民党の憲法改正草案で憲法十三条の新旧対照表がありますよね。憲法十三条、日本国憲法の憲法十三条を見て、御自分の言葉で日本国憲法の憲法十三条の意味を説明してください、御自分の言葉で。

○内閣総理大臣(安倍晋三君) 何か興奮して質問しておられますけどね、このやり取り自体に私は何の意味があるのか分からないんですが、要するに、憲法の条文でこれを知っているか、あれ知っているかといっても、全く私は意味を感じません。(発言する者あり)

(中略)

○小西洋之君 では、お話、議論してもしようがないということがよく分かりましたので、先に進めさせていただきます。何も知らないということがよく分かりました。  自民党の憲法改正草案は、憲法第十三条、幸福追求権、個人の尊厳、そして公共の福祉、最も重要な人権の原理を定めたその条文について、その公共の福祉を公益及び公の秩序と変更するとしています。今お手元にQアンドAがありますよね。QアンドAを基に、あるいは御自分の言葉で結構ですけれども、どういう目的、内容でその憲法十三条を公益及び公の秩序と変えるのかを御説明ください。

○内閣総理大臣(安倍晋三君) 改正草案においては、自民党の案としては、「全て国民は、人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公益及び公の秩序に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大限に尊重されなければならない。」ということでありました。  今、しかし、中西委員はずっと……

○小西洋之君 小西です。

○内閣総理大臣(安倍晋三君) あっ、済みません、中西さんじゃなくて小西さんですか。小西さんは知っているか知らないかというだけの質問であって、その精神はどう考えるかということではなくて、知っているか知らないかという質問だけだったので、それに何の意味があるかということは、私は言わざるを得なかったということでございます。

○小西洋之君 私は、かつて第一次安倍政権を含め十二年間霞が関で官僚として働いておりました。麻生大臣にもお仕えしたことがございます。で、国政に就いて二年半、立法に携わっておりました。憲法十三条を私は考えなかったことは、公務員時代、国会議員になっても一度もございません。当たり前の基本的な条文です。  では、国会図書館、今日来ていただいています。日本国憲法の憲法十三条の内容を説明してください。

(中略)

○小西洋之君 今、国会図書館が読み上げてくださった公益また公序、すなわち公の秩序、公共の福祉をこの公益と公の秩序という言葉ですり替えると人権制限が限りなく広がってしまう、そのことを私は議論をさせていただきたいわけでございます。  では、かつて、国会図書館、公共の福祉を自民党草案十三条のように解釈した学説に対する戦後の通説的な学説からの批判について説明していただけますか。芦部教授の。

○参考人(吉本紀君) お答え申し上げます。  一元的外在的制約説というものでございまして、これは日本国憲法が施行された当初における通説でございまして、基本的人権は人権の外にある公共の福祉によって制約され得るというものでございます。これは、後に憲法学者の芦部信喜教授が命名されたものでございます。  この説の問題といたしまして、芦部教授は、公共の福祉の意味を公益とか公共の安寧秩序というような抽象的な最高概念としてとらえているので、法律による人権制限が容易に肯定されるおそれがあり、ひいては明治憲法における法律の留保の付いた人権保障と同じことになってしまわないかということを挙げておられます。  以上でございます。

○小西洋之君 内閣総理大臣、安倍総理、今述べられました芦部信喜さんという憲法学者、御存じですか。

○内閣総理大臣(安倍晋三君) 私は存じ上げておりません。

○小西洋之君 では、高橋和之さん、あるいは佐藤幸治さんという憲法学者は御存じですか。総理。

○内閣総理大臣(安倍晋三君) 申し訳ありません、私は余り、憲法学の権威ではございませんので、学生であったこともございませんので、存じ上げておりません。

○小西洋之君 憲法学を勉強もされない方が憲法改正を唱えるというのは私には信じられないことなんですけれども。  今私が聞いた三人は、憲法を学ぶ学生だったら誰でも知っている日本の戦後の憲法の通説的な学者です。今、国会図書館が読み上げた言葉、公益とか公共の安寧秩序という言葉で公共の福祉を潰してしまうと、人権とは全く違う価値によってこの世の中をコントロールすることができる、そうして、それはすなわち明治憲法時代の法律の留保の下の人権侵害が解き放たれると、そういうことだというふうに言っているんです。恐ろしいことなんですよ。  じゃ、これを、何か総理、首をかしげていますので、理解されていないと思いますので、具体的な例として見てまいりましょう。

(中略)

○小西洋之君 お手元に中華人民共和国第五十一条を示させていただいております。実は、自民党の憲法改正草案十三条は内容的に中華人民共和国第五十一条と同じでございます。違いがあるんでしたら御説明いただきたいと思います。  以上、自民党は憲法の価値、そして何よりも、内閣総理大臣である安倍総理は、憲法で最も重要な条文すら知らずこの行政を営もうとしています。私は、これは議会の威信に懸けて問責に値すると思いますので、各党会派の皆さんの御検討をお願いいたします。  ありがとうございました。

[PR]
by lastsalt | 2015-07-19 15:03 | Comments(2)