seasoned with salt lastsalt.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

coolでhot 大真面目に遊び半分 それがいつでも上機嫌になれる塩加減


by lastsalt
プロフィールを見る
画像一覧

家庭訪問


a0208786_22483.jpg

全く納得のいかない人事異動ではあったが、愚痴など言っても誰も得しない。「地域のことも知らない」「経験も殆どない」若手を戦力として一から育てる他ない。
私は転勤者や新任がいきなり特別支援を担当することには、基本的には賛成しない。やはり、学級をもって広範囲に地域を廻り、触れ合うことが不可欠だと思うからだ。
「今年から特別支援の教員も学級担任とともに、担当の児童以外のすべての子どもの家に家庭訪問に同行しよう」と提案したのは、そうした私の考えに基づいている。
インクルーシブを提唱するなら、ある意味当然のことでもあるが、そんな面倒くさい提案が理解され、支持されるとは正直思っていなかった。
そして、そんなことをやっている現場はまずないだろう。
みんないい顔で帰って来る。ジジイにはキツいが、やってよかったと思っている。明日は6軒。
[PR]
# by lastsalt | 2017-04-28 02:24 | Comments(0)

和世さん、安らかに。


a0208786_1233073.jpg
a0208786_12324941.jpg
a0208786_12323736.jpg
4月18日(火)
「真ちゃん、和ちゃん」の和ちゃんこと、阪口和世さんが亡くなった。
訃報は、ボサノヴァ・ユニットの相方Uribossaのメールで知った。「はじめの一歩」の福山さんの主催するオープンマイクデーに出演するため出かけたが、約束の時間になっても出演予定者の集まりが悪いので、どうしたことかと尋ねてみると、音楽仲間がお悔やみに出かけたためだとわかって、私にも連絡してくれたのだった。
入院されていた事も知らなかったので、突然の知らせにことばを失った。静かに振り返ると、いろんな記憶が次々に甦ってきた。
和世さんは生まれたときから、SMA(脊髄性筋萎縮症)を患い、歩くことができず車いす生活をしておられた。4歳から26歳までの長い期間、東大寺整肢園やパンダ病棟で入所生活をされた。私は、彼女のパンダ病棟時代、まだお互いに10代の後半に出会った。(当時)口数は少なかったけど、芯のしっかりした女性で、そのか細い手で書かれた文字はびっくりするほど達筆だったのを覚えている。
ちょうど合唱団パンダが生まれ、病棟の仲間の思いを唄にのせて伝えようと、「夢よはばたけ」のコンサートが計画され、私はそのバックバンドのひとりとして加わったのだ。私はベースを担当した。時々私のブログにも登場する弁護士の平尾君もそのメンバーのひとり。他の病棟のなかまとも親しくなり、音楽とは関係のないときも、度々足を運ぶようになった。私はみんなに池ちゃんと呼ばれ、平尾君はなぜかマメちゃんと呼ばれていた。
毎年3月末に定期公演をされていたが、私も仕事に就いてからは、年度末の超多忙な時期やプライベートな活動とも重なり、次第に足が遠のくようになってしまった。
実は、和世さんの「窓をひらいて」という詞に曲を提供している。調べてみると、今の合唱団パンダのHPの作品リストの中にもそれは残されていた。「窓をひらいて」は当時のメンバーもすごく気にいって、ウイングスのジュニアズ・ファームみたいなロックアレンジで録音したのだが、オケをとった段階で録音機器の故障やメンバーの離散などの問題があり、結局そのままになってしまっていた。
その後、和世さんは最愛のパートナーである真治さんと結ばれ、「真ちゃん、和ちゃん」としての活動を始められた。私の従兄弟である西山英介も時々、フォークサークルで出会ったりしていたようで、その活躍ぶりを伝え聞いてたが、なかなかコンサートにも出向く事ができずにいた。数年前まで、私はすべての土日に何らかの役割があったので、どうにも身動きがとれなかったのだ。マジで1年間ほぼ無休状態で過ごしてきた。
昨年ようやく、Salt&Uribossaで揃ってコンサートを聴きに行かせてもらって、久方ぶりの再会を果たすことができた。和世さんの幸せそうな姿と、すべてを受け止める真ちゃんの何ともいえない笑顔が印象に残った。ブログにある真ちゃんのメッセージを読めば、和世さんは本当に素晴らしい一生を真っ当されたのだと感じた。
和世さん、安らかに。
真ちゃん、これからもふたりはひとり。
しっかり彼女の生きた証を大切に守ってあげてください。
出会いがあれば、必ず別れがある。とてもとても難しいことだが、私も出会ったすべての人と、気持ちのよい「さようなら」が言えるような関係でありたいと願う。
合掌。
改め、合唱!
[PR]
# by lastsalt | 2017-04-23 12:33 | Comments(0)

a0208786_0950100.jpg

a0208786_091418.jpg

a0208786_085862.jpg

a0208786_0103984.jpg

a0208786_0113698.jpg

燦々会山岳部発足を記念し、有志による御在所岳登山。休憩いっぱい。感動いっぱい。雪と桜と青空と。ユーモアとフェロモン溢れる珍道中。記念写真もいっぱい撮って大人の遠足終了。
[PR]
# by lastsalt | 2017-04-17 00:12 | Comments(0)

森から生まれたかたち


a0208786_2153181.jpg
a0208786_21525572.jpg


相方Uribossaのお友達、佐古馨さんの個展『森から生まれたかたち」に出かける。
初対面ながら、私もUribossaの相方ということで、リアルすぎる裏話をいっぱい聴かせていただいた。『失礼ながら、お仕事は?」とたずねられ、正体を明かすと、「てっきり自由業かと・・・」というリアクション。いやいや自由業なんですよ、気持ちは。何しろ趣味ですから。趣味で愚痴や泣き言を言ってはいけない。今年は年間通して図工にも関われるので、美術アンテナもしっかり広がっているのだ。
[PR]
# by lastsalt | 2017-04-15 21:53 | Comments(0)

楽しい絵本選び


a0208786_10461779.jpg
a0208786_10455358.jpg
a0208786_10453833.jpg

図書館開放にむけて、就学前の子どもたちにも楽しんでもらえる絵本を買っていただけることになった。8億円もの謎のディスカウントさえ、誰もきちんと説明出来ないようなアカウンタビリタィーがゼロの国だが、公費というのものは、額に関わらず、本当は丁寧に使わないといけないものなのだ。
私はカタログでタイトルと表紙の絵だけみてチャチャッと決められるほど想像力がたくましくないので、現物を手にとって子ども用の椅子に座って読みに行った。1時間以上、園児の気持ちになっていっぱい絵本を読んだ。

長新太さんのシリーズが圧倒的に面白かった。その独特の色づかいや線に惹かれる。「あ、この人、マチスが好きなんや!」と発見。それに気づくと、ことばにはしにくいけど、メチャクチャに見える絵や展開が極めて整然とした秩序の元に計算されていることが確認できた。(もちろん直感的なものでしょうけど・・・)

同じ作家の複数の作品を見ていると、いくつかのこだわりが見えて来る。いやあ、絵本って楽しいなあ。

心の中に自分の世界をしっかり持っていれば、簡単に右や左の偏った考えに惑わされたり、自分だけ得する大損話にひっかかったりしないものだ。

インターネットの時代だからこそ、小さい頃から、たくさんのよい本と出会って欲しい。本には、ちゃんと重さや大きさがある。それを両手で持って次のページを開いて読み進むのだ。そんな本というブツを手がかりに、子どもは世界への窓を開いていくのだと思う。
[PR]
# by lastsalt | 2017-04-15 10:47 | Comments(0)

よその国の畑で


3枚目のボサノヴァ・アルバムの仕上げにあたり最後のあがき。あと数曲にチェロを足してみようと思っている。
今日はその1曲。「よその国の畑で」
奈良交響楽団のコントラバス奏者の辻くんの力を借りる。
新しいBossa Novaの可能性を追求したナンバー。
チェロを入れたことで、頭の中で鳴っていた音像に近づいた。
  

 よその国の畑で

よその国の畑で 朝ご飯作ってる
家族の表情より 気になるTVプログラム
学校の門には 意味のない鍵かけて
幸せになるための 不幸せな毎日
どこかおかしい 何か変だと
みんなわかってるはず

流行のものには 目もくれないで
便利なものにも 興味を示さない
早くうまく出来たって 手応えがなけりゃ
長生きしたって 叶える夢がなけりゃ
のんびりいこう 遠回りしよう
自分の歩幅が一番

[PR]
# by lastsalt | 2017-04-08 20:43 | Comments(0)

小走り


a0208786_22245660.jpg

a0208786_22255658.jpg


心配していた雨もあがり、入学式後の記念撮影は運動に決まった。
6年生が体育館に飾られていた花を撮影場所へ運ぶ。
裏方として、楽し気に軽やかに仕事ができる子が増えてきた。
1つ目の鉢を置いて、2つ目を取りに行くとき、自然と小走りになっていたのを見た。こんな光景は今まであまり見たことがない。小さなことのようだが、大きな変化だと感じた。
私が赴任して3年になるが、学校の空気が劇的に変わってきた。今年も10名の異動があったが、職員は本当によくやっている。
私を除いて。
[PR]
# by lastsalt | 2017-04-07 22:26 | Comments(0)


a0208786_23503012.jpg
a0208786_23501899.jpg
a0208786_2350412.jpg
a0208786_23494897.jpg
a0208786_23493143.jpg
a0208786_23491941.jpg


振り返ったり、立ち止まったりすることもなく、半世紀を生きてきた。風来坊な性質に加え、転校続きの生い立ちもあり、愛校心も所属意識も薄い人間だった。

「他人は他人、オレはオレ」で生きて来た。空気は読めても、あえて気にしない。聖書でいうところの「旅人・寄留者」という教えが、さらにそうした傾向に拍車をかけた。
とは言え、私なりに友人は大切にしてきたつもりだ。

30や40を過ぎてからも、いろんな分野で活躍する友人に恵まれ、それぞれに忘れ難い思い出を得た。

一方で、日頃はそれほど交流のない同級生や同窓生とのつながりを、最近しみじみありがたいものに感じるようになった。

それは今までなかったわけではないが、年を経る毎に大きなものになってきたような気がする。
前回、大阪での集まりから帰ってきて、同窓会で感じたことをもとに曲を作った。「窓」とかいてreunionと読む。同窓会の窓である。学生時代は、授業がひどく退屈で、よく窓の外を見ていた。教室に窓があってよかった。

罰があたって教師になったが、今でも私は窓の外をボーっと見ている子を絶対に叱らない。
4.29のライブに同窓生がひとりでも来られたら、この歌を歌ってみようと思う。


「窓」〜reunion〜
懐かしい友と会い 
酒を交わす
過ぎて来た時の重さ感じて
今を語り 
明日を見つめ 
静かに微笑む
あの頃は 
同じ窓から  
同じ色の
空を見ていた
美しい思い出を 
たどりながら
忘れたしくじりを掘り起こす
今は全て 
受け入れて 
静かにはにかむ
同じ窓の
むこうには 
あの時代の
風が吹いてた
あの頃は 
同じ窓から  
同じ色の 
空を見ていた

[PR]
# by lastsalt | 2017-04-02 23:50 | Comments(0)

Moonで Bossa Nova 聴か Night


a0208786_21495934.jpg

a0208786_21483229.jpg

a0208786_21484976.jpg

a0208786_21492581.jpg


来月演奏させていただく榛原駅前のCafe Bar Moonは、どこか懐かしい、知る人ぞ知る宇陀市のパワースポット。不思議な御縁でトントンと話が決まった。お客さんとの距離の近さや、お店の空気感がとってもいい。お酒も料理もしっかり味わえる。そんなわけで、ライブの前後も、食べて飲んで、ゆったり昭和テイストを堪能しませんか。
[PR]
# by lastsalt | 2017-04-01 21:51 | Comments(0)

カツカレー


a0208786_17525738.jpg


ウイキペディアによると、

カツカレーは、1948年(昭和23年)に、東京都中央区銀座の洋食店「グリルスイス」で生まれたと言われている。常連客だったプロ野球・読売ジャイアンツの千葉茂が「別々に食べるのは面倒だから」と注文したことがきっかけで、グリルスイスとその系列店では現在も「元祖カツカレー」と「千葉さんのカツカレー」というメニューを出している。また、それに先駆けて1918年(大正7年)に、東京市浅草区浅草(現・台東区浅草)の洋食屋台「河金」が豚カツを載せた丼飯にカレーを掛けて「河金丼」と称して提供したともいう。


子どもの頃から、カツカレーが好きだった。
とってもいいことがあったとき、ちょっと思い切って、カツカレーを食べた。(学生時代の私は、食事代を最小限に抑えて、本やレコードを買っていたのだった)カツカレーを食べると、そんな美味しんぼ的なノスタルジーが、旨さを倍増させる。

カツをカレーと合体させる画期的アイデアは、れっきとしたジャパン・オリジナル。インド人もびっくり。欧米でも人気があるのだ。

さて、カレーは前置きで、こっからが本論。
道徳を教科にするにあたり、教科書の検定が行われたが、その中で、「パン屋」を「和菓子屋」に変えるように意見がついたと報じられた。悪い冗談かと思ったが、本気だからちょっと怖い。それにしても何とも薄っぺらい愛国心である。

私は、日本人の心の芯にある侘び寂びをボサノヴァで体現していると自負しているが、下手すれば、「ギターを琵琶に持ちかえて、古典を吟じるべし」と指導が入りそうだ。

国民のモラルが高いことはよいことだが、権威や周囲の顔色を伺って予定調和的な反応に溶け込む能力にまで偏差値をつけるのは、いかがなものかと思う。

私が30年近く前に書いたテキストが、教科書会社に採用されたことは前にも書いた。道徳推進派だと思われたくないので断っておくが、それらのテキストは、文科省の指定研究を受けた時、当時出版されていたすべての教科書会社のすべての資料を読んで気にいったものが何もなかったので、仕方なく自分で書いたもののひとつである。

ちょうどタイミングよく、同じ時期に教科書会社からも執筆依頼があって、指定された徳目に合わせていくつか書いたのだが、採用された「おかあさんのおなか」をのぞく他の作品はすべて不採用となった。

不採用の理由はこうだ。私は徳目をむき出しにするのが嫌で、子どもが読んで『正しいってどういうことだろう』と立ち止まる価値葛藤の場面をどの作品にも盛り込んだのだが、それが話を難しくしているということだった。文章表現の豊かさはいずれも他の執筆者を上回っているが、全体との調和を欠く文学的な仕上がりになっているので困るというのだ。

カツカレーは洋食で、パン屋は反日的ではないにしても日本人らしい職業選択ではないというのが、役人の感性である。まあ、教科書というのは、こんな風に出来上がって、血税を使って無料配布されるのだ。

採用にあたっては、教科書会社は文科省の意向を「忖度」したと言ってもいいだろう。しかし、忖度された側は、「そんなものはない」というのが通例である。そもそも、それを忖度というのだから。そんなものは存在しないからこそ、なおどうでもいいような意見を加えて修正させて、自己満足するのが役人の落としどころである。天下りは、今後も巧妙に隠してなくなるはずがないし、その程度の旨味がなければ、役人は今やっている程度の仕事もしなくなる。

庶民は役人を羨ましがって責めるだけではなく、きちんと彼らの具体的な仕事に対して具体的に意見を言えばよいではないか。

私が公立学校にいてクビにならない程度には、まだこの国は自由なのだ。
[PR]
# by lastsalt | 2017-03-31 17:53 | Comments(2)

ソロソロ、ソロライブ


a0208786_047545.jpg


花粉症あけに、
今年もソロソロ、ソロライブ。
地元宇陀市のお店からのオファーです。
何と榛原駅から徒歩2分。
昭和の香りの残る、どこか懐かしい、くつろげる空間です。
小さなスペースならではの、何とも言えない距離感で、
ご一緒に、きっといい時間を過ごせると思います。
お酒もいろいろ。
料理自慢のオーナー手作りのサイドメニューも充実してます。
5時からお店が開くので、ゆっくりご飯食べてください。
ライブは7時スタートです。
[PR]
# by lastsalt | 2017-03-30 00:48 | Comments(0)

物言い


a0208786_13414814.jpg


ちょっと長くて面倒くさい話になるが、結論が出る前に、一国民として意見を述べておこうと思う。
先に取り上げた大相撲の気持ちよさは、土俵の中で白黒ハッキリつくところだ。
国会もそうであって欲しい。
国会の審判員は国民であるなら、「物言い」は必要だと感じる。

安部氏は、2月中旬の国会答弁で、「もし私の妻あるいは私がこの件(何らかの寄付あるいは土地の取得)に関与していたことが明らかになったら、私は総理大臣も国会議員も辞職する」と明言した。
私には、「関与はしていたけど、国会では明らかにはさせない」という宣言だとも聴こえた。原発を「アンダー・コントロール」できる敏腕ならば、出来るかもしれないと思わせる謎の説得力はある。
ひとつの事実を巡って言い分が食い違う場合、どちらかが、(あるいはどちらも)嘘をついている可能性がある。

安部氏夫妻が本当のことを言っているとすると、当然、籠池さんが嘘をついているということになる。籠池さんが嘘つきだをとすると、一国の首相がとんでもないペテン師にまんまと利用されて、この大事な予算成立の為の国会を半分以上のっとられていることになる。このあたりの脇の甘さは、大いに反省しなければならないだろう。

逆に籠池氏が部分的にでも本当のことを言っているとすると、首相が自分の首までかけて、国家権力を総動員して私人をペテン師に仕立てあげたのだから、その責任の重さはメガトン級である。
いずれにしても、この国の現状は痛ましく、憂うべきものだ。
私のような一国民が普通に感じるであろう疑問点を整理してみた。
①なぜ、籠池氏は、国有地を8億円も安く手に入れられたのか?
②なぜ、大阪府と国は、経営も教育内容もいい加減な学校の開校 を認可したのか?
③なぜ、昭恵氏は、名誉校長を引き受け、そして事件発覚後辞め たのか?
④なぜ、昭恵氏は、「渡していない」「もらっていない」と言わ ず、「記憶がない」と言うのか。
⑤なぜ、「云々」も読めない人が、「忖度」などという、あえてわ かりにくいことばを頻繁に使うのか?

以下、考察を加えてみる。
①と②について
私は、大阪府私学審議会・梶田叡一会長の発言を重要視する。
「土地の取得がなければ学校なんか設立できないわけですから。それが大前提。ただ、森友学園は異例なんですよね。すでに土地を持っている、契約が結ばれているのが普通なんですが、今回はそれはなかった。しかし、確約があったんですね、国から。こちら(大阪府)で認可適当が出れば必ず国の審議会で森友側に土地が渡るようにしますと。」
この発言は、動画で放送されていた。国からの確約は、国から自治体への指示であり、意思が伺える。籠池氏が言った通り、安部学校を作る意思が外部にあったのだ。
ゴミ処理分の妥当な値引き論も、「先に値引きありき」という気がしないでもない。実際、とにかく「2017年4月に開校」に間に合わせるための雑な処理が、あとあと辻褄のあわない結果につながったのだろう。

③と④について
「教育理念はすばらしい妻から聞いている」と、安部氏も証言している。事件発覚当初、幼稚園児が「アベソーリ、バンザイ!」「アンポホーアン、バンザイ!」と声をそろえる映像が何度も流されたが、こうした実態を昭恵氏はすばらしいと評価し、首相である夫に伝えていたことは間違いない。そうした学園であることを理解した上で名誉校長を引き受け、講演だってしていたのだ。謝礼も受け取らず、寄付しなかったにしても・・・・。
そして、事件が発覚するや、その「不名誉校長」になるのは嫌で、とっとと縁を切ったのである。それが安部夫妻の品格であることは間違いのないことだ。メールやファックスのやりとり、FBでの役人を使っての言い訳もまったくいただけない。役人を巻き込みながら、都合が悪くなったら私人としての行動だったでは、誰も納得しないだろう。「記憶がない」というのは、「覚えていないけど、事実はあったかも知れない」と聴こえる。

⑤について
役人は、「忖度」という、カビの生えたような日本語を使って、(首相に使わせて)国民を煙に巻こうとしているが、一体全体何の為の、誰が誰に対する「忖度」なのか?あえて、何だか意味がわからないようにしようとしていることの意味はわからないでもない。
    
通常の因果関係を考えれば、「国有地の売却を急がせるために、政治家に関与させる」という図式以外はないと思うが、そうでないとしたら、財務省の許認可を与える担当役人は安部氏以外の誰の気持ちをどういう具合に「忖度」するというのか。

私の耳には、「安部氏の指示や命令ではない」という結論のために、無理して「忖度」ということばをひねり出したようにしか聴こえない。通常、役人は上からの指示を忠実に行うもの。指示もないのに、国有財産を安く払い下げたりするために忖度して便宜をはかるのはあり得ないことだ。昭恵氏付の経産省の職員が、所管違いの財務省にわざわざ独断で問い合わせるのはどう考えても不自然である。しかし、官房長官は、「これは谷さんの意思である」とハッキリ述べていた。

もし本当に、忖度した政治関与がなければ、それはそれで、国有地売却は財務省の重大なミスとして、違う観点で追求を免れないだろう。陳情に対するゼロ回答でさえ、あれだけ丁寧にしていただけるお役所には、今後もすべての国民の期待に応えるべく、その職責を果たしていただきたいものである。
[PR]
# by lastsalt | 2017-03-29 13:42 | Comments(0)

土俵


a0208786_1919530.jpg


先の大相撲大阪場所で、怪我を押して強行出場し、見事に逆転優勝を果たした稀勢の里。キャラクターとストーリーが見事に絡んで、後に語り継がれるような名勝負が生まれた。私も久しぶりにTVの前でスタンディング・オベーションを送った。

しかし、敗者あっての勝者である。同じく膝の痛みを押して最後まで1敗を守って千秋楽を迎えた照の富士への思いやりも必要だと思う。稀勢の里の左腕と同じ程度に照の富士の膝のことも気にかけてやって欲しい。

残念ながら、視聴者の目には、照の富士が大関復帰をかけた琴奨菊との一番で体をかわして勝ちにこだわったことが、敗色濃厚のリスクを負って出場し、大方の予想通り力なく破れた稀勢の里と対照的に映り、それが逆転優勝への皮肉な演出となってしまった。

モンゴル出身力士が土俵を席巻する期間がずいぶん続いた。久しぶりの日本人横綱ということも後押しして、稀勢の里への期待と人気はさらに高まってきたことも事実だ。しかし、こんな感動的な勝負の裏側で、「国籍がどうだ、こうだ」と言うのは、本当に残念なことだ。ちなみに私は激しいバッシングを受ける中でも朝青龍を擁護する立場だった。品格にかける横綱ランキング・ナンバーワンは日本人の北尾である。

やりにくい勝負ではあったが、先輩横綱として退けた鶴竜も立派だった。この時点で、やはり無理と判断して1日休場は十分あり得たが、それさえ拒んで、いよいよ迎えた千秋楽。稀勢の里が優勝するためには、2番勝たなければばらない。稀勢の里を心から応援する人たちでさえ、それはほぼ起こりえないことだと考えたはずである。

稀勢の里を応援する応援する妻を前に、「明日も負けに出て来るかな・・・」と言うと、「そういう言い方はせんといて」と叱られた。「自分を見に来るお客さんの期待に応え、たとえ負けても全力を尽くす自分を見てもらいたい」と考える横綱としての責任感や誇りは理解できるが、無理をして怪我の状態を悪化させて欲しくないと思っての発言だったのだが、確かに言い方はよくなかった。

今回の稀勢の里の優勝は本当に感動したし、土俵にかける意気込みは実にすばらしいと思う。しかし、これをきっかけに強行出場が過剰に讃えられては困る。応援というのは、いつも無責任で残酷なものだ。敗者への思いやりのない、その場限りの自分の興奮の為の応援は、見ているとキツい。薄っぺらなナショナリズムも、民族問題も、同じく土俵にあげて欲しくない。
[PR]
# by lastsalt | 2017-03-28 19:19 | Comments(0)

季節は巡る


a0208786_2263734.jpg

a0208786_2265612.jpg

2016年度の仕事をすべて終えた。
プライベートも1段落。
3月最後の1週間は、来年度の準備と調整の期間に入る。
この年になっても、1年間は、あっという間に過ぎたりしない。
毎日、毎日、いろんなことがあり、細かい対応に知恵を絞り、力を注ぐ。
それは地味で目立たない小さなことの積み重ねだ。別に小さなことを丁寧にコツコツ積み上げて大きなことを為そうと思っているわけではなく、淡々とひとつひとつを味わっているだけ。
今年は、実に多種多様ないろんな役割をいただいて、その特命に応じて最低限のことは出来たと思う。力を入れて取り組んだ仕事に一定の評価も得た。
長年ストップしていたpruneのCDも完成した。依頼された職人的な楽曲創作に加え、ボサノヴァの新曲もいくつか納得のいくものが出来始めている。仕事と趣味が連動して、写真や絵画に向かうギアもちょっと切り替わった。自分の中でわずかでも右肩上がりが感じられることは嬉しい。
しかし、一方では10年に1度レベルの不愉快な出来事もいくつかあった。人間半世紀も生きながら、これほど無防備、不用意ではいけないなとしみじみ反省記を綴ったりもした。
よかったことも、そうではなかったことも、長い目でみれば、すべてはプラスの出来事。裏切りさえも贖いと復活につながるのだから。
さあ、また季節は巡る。
[PR]
# by lastsalt | 2017-03-27 02:27 | Comments(0)

卒業式


a0208786_193253.jpg

a0208786_1931978.jpg

a0208786_1933470.jpg

a0208786_1935878.jpg

卒業式は、6年生の門出を祝うかのような爽やかな晴天。
今年は児童席に混じっての参加となった。
卒業生はもちろん、在校生にもたくさん泣いている子がいた。
どこの学校の卒業式も、その式次第や、別れの言葉にそれほど大きな違いはない。はっきり言ってこれでもかという決まりきった美辞麗句の山だ。でも、そんな使い古され擦り切れたようなことばでも、きちんと思いがこもれば涙があふれる。「ありがとう」や「さようなら」の重さも違ってくる。
卒業生の姿を見て、また、5年生の頑張りを見て、小さい子たちも背筋を伸ばし、涙を流せる、そんな学校になって来た。
来賓席にも涙を拭う姿を見た。何かが確実に変わってきている。そう感じることの出来た卒業式だった。
[PR]
# by lastsalt | 2017-03-17 19:04 | Comments(0)

閉校式


a0208786_23534873.jpg

a0208786_2354285.jpg

a0208786_23541536.jpg

a0208786_23543591.jpg


20代の青年教師時代に勤務した都祁小学校の閉校式に、功労者としてのお招きを受け参加させていただいた。奈良市との合併以前は、村費講師などで複式解消をしながら統廃合に抵抗し続けてきたものの、少子化に歯止めがかからず、ついに今日この日をもって118年の歴史を閉じたのである。4月からは、他の3校と合併して生まれ変わる。

私の現任校では、明日に卒業式に備え午後からまだ少し会場の準備が残っている状況なので、現職の職員が他校の式典に参加するのは、やはりきちんとした断りがいる。校長先生にお許しを願い、年休をとって朝の打ち合わせで全職員にお詫びのことばとともに了解をいただいた上での出席だった。受付に間に合うギリギリの時間まで6年生の教室の掃除をしていたので、昼食をとる時間はなかった。たぶんこの程度のことでも、多くの人にとってはとても面倒くさいのだと思う。

人生は、日々の様々な選択の積み重ねだ。ひとりの人間に与えられた時間やエネルギーは限られている。それをどこにどんな風に使うかを、意識的に、または無意識に、選び続けているのだ。ある事を選べば、ある事を拒まねばならないこともある。欲張りな私も同時にふたつの場所にはいられない。従って時には勇気も労力もいる。そんな価値の交換によって、自分の人生を彩り、私は「何を大切にし、何に価値を見出すのか」を周囲にも示すことになるのだと思っている。結論から言うと、私と同じような選択をしていた人は少なかった。別に私の選択がより正しいと思っているわけではない。私の選択は私にとって相応しいというだけのものだ。

20代の私はフルタイムのミュージシャンになるべく、音源制作に没頭していた。仕事と趣味とのバランスをとれずに苦しんでいた時代でもあった。旧い体質が残る村の学校で教員として要求される資質も、私の現実とはかけ離れており、毎日「明日こそ校長の机を蹴飛ばして辞めてやろう」と決意して、眠った夜もけっこうあった。決していい思い出ばかりではない。

柄にもなく文部省指定の指定研究などをさせられ、やむなくその時書いたテキストのひとつが新年度には教科に格上げされる道徳の教科書にも掲載されることになった。そんな風に、現在の自分は過去の自分とつながっている。そして他者とつながっている。そう考える私は、それほど愉快ではなかった20代の教員生活の中に、やはり、「今」の自分の根っこを確認する。

節目に振り返ることは、明日もブレずに前を見つめるためには大事なことだと思っている。「今」に追われるのは、「今」を大切にすることとは違う。

この学校ではじめて卒業させた6年生の子たちが、保護者として参加していて、久しぶりに会うことができた。この子たちとの経験が、後に6年生を担任したときの力にもなっている。また、今よりさらにメチャクチャだった私をあたたかく見守ってくれた大先輩の先生方にも会えた。「池ちゃん」と、当時の呼び名でやさしく声をかけていただいてちょっと恥ずかしかった。
[PR]
# by lastsalt | 2017-03-16 23:55 | Comments(0)

使用済み粘土ベラをペイントして作った漢字学習のための教具。
何に使うかを教えずに、子どもたちに色を塗らせた。
まずまずの手応え。
ノートに書くのがしんどいときは、ちょっと役に立ちそうだ。
女+男= などという難しい数式も登場して、ちょっとビックリした。
特別支援は楽し。

a0208786_18403070.jpg


a0208786_18401885.jpg

a0208786_1840517.jpg

[PR]
# by lastsalt | 2017-03-14 18:43 | Comments(0)

3D


a0208786_22251191.jpg

a0208786_22252965.jpg

a0208786_22254471.jpg


枠にハマらないのに、なぜか枠の中にいる。
枠があるから、ちょっとはみ出てるのがわかる。
縛られないけど、必ずそこに帰って来る。
[PR]
# by lastsalt | 2017-03-13 22:25 | Comments(0)

a0208786_11352113.jpg

a0208786_1135405.jpg

a0208786_11355985.jpg

a0208786_11362676.jpg

a0208786_11361528.jpg



311から6年。
何も考えず、何も語らないではいられない。
311が911と同じく巨大な暴力によるものなのか、私は知らない。
しかし、原発の事故に関しては、天災とひとくくりに考えてはいけないだろう。
ことが起れば瓦礫のひとつも片付けず逃げて行く、いわゆる「儲ける側」の人たちの「アンダーコントロール」や「安心・安全」などということばの薄っぺらさに辟易としているのは私だけではあるまい。
私たちはもっと怒らなくていいのか。
もっと悲しまなくていいのか。

・・・・・・・

震災と原発事故が起ったとき、私は2枚目のボサノヴァ・アルバムを製作中だった。音楽の無力さを痛感し、もう何もかも終わらせようかとも思った。しかし、それでも音を奏でることの意味を問い直し、逆に何としてもこの年が終わるまでにリリースしようと思った。

希望を失っては人は生きられない。音楽は単なる気休めではない。そう思った。私も少しだけ楽器が触れることで、どれほど慰められたか知れない。

わたしの死者ひとりびとりの肺に
ことなる それだけの歌をあてがえ
死者の唇ひとつひとつに
他とことなる それだけしかないことばを吸わせよ
類化しない 統べない かれやかのじょだけのことばを
(辺見庸「死者にことばをあてがえ」より)


震災関連のコメントで、辺見庸のことばが一番しっくりくる。ひとりびとりの死者に、そして生き残った人たちの悲しみに寄り添える歌はないものか。そんな思いでアルバム「約束の場所へ」を制作した。

Sonho 〜夢〜    Salt&Uribossa

君の夢を見るけど 触れることは出来ない
僕の腕は短くて 君には届かない

目覚めれば 君は消えてしまうから
現実は まるで悪夢のようだよ

この街に君はもういない 僕の安らぐ場所もない
この街に君はもういない 僕の安らぐ場所もない

Sonho ひとときの仮初の逢瀬
そうよ  ひとときの仮初のVoce 

君はあの日のままで 僕だけが年を重ねる
いくら歌っても もう届かない

僕の記憶の中のすべての場面で
君はいつだって 微笑んでいたよ

この街に君はもういない 僕の安らぐ場所もない
この街に君はもういない 僕の安らぐ場所もない
[PR]
# by lastsalt | 2017-03-11 11:37 | Comments(0)

図書館開放


a0208786_22102692.jpg
a0208786_2284148.jpg
a0208786_2281560.jpg
a0208786_228288.jpg
a0208786_227438.jpg


子どもの動線から離れた4Fの果てにあって、ほとんど使用されていなかった図書室を甦らせるため、長寿会から図書ボランティアを募って見守りに来ていただき、さらに幼稚園の園児を招くという荒技に打って出た。

まともな蔵書もないので、市立図書館から毎回、本を借りて来ての運営。あまりも内容が乏しいので、学校をあげて俳句づくりに取り組もうと投句箱を設置した。地域の自然を見つめ、季節の移ろいを感じながら、国語の低学力のボトムアップを目指そうという欲張りぶり。

毎月、図書ボランティアの方に選句してもらい、さらに私がその中から俳句名人を3人選で寸評を書き掲示した。各クラスに俳句の出前授業に行かせてもらったので、何とか俳句を自然に作れる空気が少しずつ出来上がってきた。

殺風景だった廊下もギャラリー風にしてみた。2年生の版画の原版があったので、高等技術専門校からいただいた檜の端材を組んで額装した。そして、奥の扉を入り口にして一方通行にし、嫌でも、廊下を通って投句箱や掲示物が目に入るように仕向けた。

強引に既成事実を作り回を重ねるごとに、いろんな年齢層の方々が自然に集えるスペースになっている。保護者ボランティアだけでなく、本校事務職員や、図書委員児童による読み聴かせもあり、何だかちょっといい感じになってきた。何でも諦めずにやってみるものだ。
[PR]
# by lastsalt | 2017-03-08 22:10 | Comments(0)

町力塾


a0208786_21202760.jpg
a0208786_21195687.jpg
a0208786_21193949.jpg
a0208786_21191789.jpg


公立学校は子どものものでも教師のものでもなく、地域のものだ。しかし、現行の枠組みで学校が単独で出来ることには限界がある。これからは地域との連携が不可欠だ。

学力向上の為の放課後補充学習の必要が叫ばれる中、「学ぶことの動機づけを揺さぶるような根本的な改革」が出来たらと、発想を変えてみた。

上からのお仕着せや圧力では、本当の学力は伸びはしない。具体的なアクションを通して、子どもたちに「学ぶというのは義務ではなく権利なんだ」と刷り込むような仕掛けを作らないとダメなんだ。
そんなことを考えていたからかどうかはわからないが、私が学校側のプロジェクトチームのリーダーということになり、地域のリーダーをサポートするかたちで、「町力(まちか)塾」を立ち上げた。今日は来年度の本格開塾にむけてのプレ開講2回目。

なんと、天理市の並河市長も、議会での施政方針演説の中で、このプロジェクトについてかなり詳細に紹介し、また過分な評価を与えてくださっているので驚き、喜んでいる。
第1回を視察された教育長も、子どもたちのために特別問題を作って提供してくださった。それは単に点数アップのためのものではなく、数学の面白さを味わえるものだったので、子どもたちはもちろん、スタッフ一同が感激していた。

来年度からの本格実施にはいろいろ課題もあるが、予算化も含めて前向きな意見が続く。ゆくゆくは公民館に事務局を置き、学校は少しずつ手を引いて行くのが理想だ。

以下は、並川市長の姿勢方針演説より関連部を抜粋したもの。

学校と地域住民のつながりを深め、地域ぐるみで子どもを育てる、また、児童生徒や地域の方達に教育環境を提供しながら地域の中の居場所づくりとして利用できるようにするための先進的な取り組みが、櫟本小学校で行われています。 

同校では、平成28年度から、長寿会と協力して学校独自で図書室の開放と見守りボランティア事業を実施し、子ども達と地域の高齢者の交流が着実に育まれています。また、未就学児童も保護者とともに、図書館に通う機会を設けることにより、学校に親しんでおり、小学校入学時のギャップ解消に向けて、成果を出しつつあります。29年度は、櫟本小学校の図書館を一層の地域交流促進に向けて環境を整備し、学校図書館を開放します。

さらに、櫟本小学校では「櫟本小学校コミュニティ協議会」が中心となり、子ども達が地域の活動に積極的に貢献するしかけづくりも開始されました。先月のはにわ祭では、校区ウォーキングに参加した1~5年生に、6年生が地域の歴史や文化を説明する「地域貢献」を行い、そのポイントとして独自のカード「マチカ」を受け取り、櫟本公民館で実施された放課後補講に参加するという画期的取組が試験実施されました。「北部地区街づくり協議会」でも、このマチカ事業を、地域で育てる子育て、子どもの地域参加を通じた活性化の主要プロジェクトとして位置付けており、市行政も全面的な支援を惜しまない考えです。

櫟本校区の地域主導による実践は、学校地域連携による子ども達の育成の意義を極めて具体的に、着実に示しており、他校区においても「櫟本モデル」が広がっていくことを強く期待し、市行政としても汗をかいていきます。

[PR]
# by lastsalt | 2017-03-06 21:21 | Comments(0)

3−1=2


a0208786_2102318.jpg

a0208786_2105577.jpg


5−1=4 

4−1=3 

3−1=2

子どもが、ひとりずつ巣立っていく。

次男が家を出て行くと2人。
[PR]
# by lastsalt | 2017-03-05 21:06 | Comments(0)

a0208786_2245699.jpg

写真には世界の事実ではなく認識が写る。カメラの性能が撮らせただけの写真は、たとえピントがしっかりあっていても認識の焦点は惚けているのが伝わって来る。つまり写っているもの以上に、そのものを撮り手がどう見ているかの方がより明確に写っている。目の前で動いている時間の流れを画像の中で静止させて抽出する意味や、広がりつながる世界にわざわざ厳格に境界線を決めて切り取る意味について、たとえ何ひとつ考えなくても、人差し指の運動だけで誰にでも撮れる。だからこそ写真は浅くて深い。波打ち際で貝拾いをしても、光の届かないような深みに潜っても、海で遊んだと言って間違いではない。
[PR]
# by lastsalt | 2017-02-28 22:45 | Comments(0)

椿


a0208786_229756.jpg


先週つぼみだった椿の花が咲いた。
[PR]
# by lastsalt | 2017-02-27 22:09 | Comments(0)

すみっこ暮らし


a0208786_2156629.jpg
a0208786_21555413.jpg
a0208786_21554111.jpg
a0208786_21552929.jpg


高等技術専門校でいただいた端材を使ったワークショップを続けている。休み時間にはいろんな子がやってきて、思い思いにいろんなものを作るが、材料の取り合いになったりすることもない。どの子もいい顔をして帰って行く。学校の隅っこで、何やってんだかわからない変なおじさんの日々は続く。
[PR]
# by lastsalt | 2017-02-24 21:56 | Comments(0)

馬頭琴


a0208786_22474117.jpg

a0208786_22475752.jpg

a0208786_22481396.jpg


2年生の国語の教科書に「スーホの白い馬」というお話がある。馬頭琴という楽器の誕生にまつわる、貧しい羊飼いの少年スーホと愛馬との物語である。この機会に是非とも子どもたちにホンモノの音色を聴かせてあげたいと思い、中国楽器奏者の善福(しゃんふう)のおふたりに来ていただいた。
2つ返事出来ていただけたのは、実はこのご夫婦のかわいいご令嬢が、2年生のクラスにおられるからなのだ。二胡の演奏を取り入れた「スーホの白い馬」の読み聴かせをメインに、馬頭琴の音も聴かせていただき、子どもたち全員の体験コーナーまであり、盛りだくさんの1時間となった。
私もカホンでちょびっとジョイント。
[PR]
# by lastsalt | 2017-02-15 22:48 | Comments(0)

Heros


a0208786_19433580.jpg


a0208786_19431545.jpg


a0208786_19435779.jpg


a0208786_19434619.jpg




エゴン・シーレの伝記映画が上演中だが、奈良では観られない。昨年なくなったデビッド・ボウイを撮った鋤田正義の写真展も、東京でやっていたようだ。うーん、奈良は永遠に情報僻地なんだなあと溜め息。1300年前を懐かしむしかないのか、せんとくん。

実はボウイはシーレが大好きだったらしくHerosのジャケットは、シーレの表情やポーズを意識して撮ったようだ。上のカラーのものはシーレの自画像だが、白黒のものはボウイ自身が描いたジャケットのイメージらしい。

この作品はベルリンで作られたもので、ブライアン・イーノと一緒に実験的なことをやってたこの時期のボウイが、個人的には好きだ。ちょうど壁の崩壊や東西の問題を歌った内容もなかなかいいののだ。レッツ・ダンス以降は、ちょっとポップになりすぎてしまって「なんだかなあ」と思うが、商業的には大成功を収めることになる。皮肉なものだ。

アーチストにとって、成功や評価と作品の質は必ずしも比例はしない。不遇の天才シーレも、今の時代なら全く違った称賛を受け、とたんにつまらない絵を量産したかも知れない。
[PR]
# by lastsalt | 2017-02-13 19:44 | Comments(0)

沈黙


a0208786_19184586.jpg


かのマーチン・スコセッシ監督の新作「沈黙」がそこそこ話題になっているようだが、遡ること約半世紀、篠田正浩によってすでに映画化され、当時キネマ旬報でベスト2にも選ばれている。これには、原作者の遠藤周作も脚本で関わっているので、原作を如何に映像化できたかを云々(うんぬん←念のためフリガナ)するのであれば、こちらを見ておかない手はない。ちなみにDVDも販売されているし、you tubeでも見ることができる。

こうしたキリスト教関係の映画が作られると、「信仰的にはどのように反応するべきなのか」ということが必ず話題になり、私のところにも少なからず問い合わせがある。

踏み絵を踏むべきか、踏まぬべきか、結局この「べき論」が宗教の本質なのだろう。だから、自分が権威を認める誰かに尋ねたくなるのだ。

こともあろうに、日本のアナウンサーがスコセッシ本人に「監督なら、踏み絵を踏みますか」と尋ねていた。スコセッシが伝えたかったことは、信仰の正しさでも愚かさでもない。文化や社会の寛容や不寛容の問題なのだと思う。

何をどう感じようが、感じ方そのものなど修正できない。人は自己憐憫を抱えて生きているもの。登場人物の誰のどんな場面のどんな心情に自分を重ねるかは人それぞれとしか言い様がない。似たような経験をした人が同じものを見ても、感じ方はまたそれぞれ。後は美意識の問題だろう。

面白いのは、信仰のない人たちが信仰を表面的に描いているので、拷問を受けたり、泣いたり、叫んだりしている人たちが、いったい何を信じているのかが、さっぱり描かれていないということだ。
私も自分でまともに聖書を読むまでは、こうした周辺情報に触れまくって、相当なアレルギーになっていた。キリスト教ほど胡散臭いものはないと。まあ、その感想に関しては今も同じか・・・でも、キリスト教がイエスに関するひどい噂であることはよくわかった。

作り手目線で言えば、「キレイか、キライか」という表現がしっくりくる。

今月は、Chapter29でも「沈黙」をテーマにする予定だ。
[PR]
# by lastsalt | 2017-02-06 19:19 | Comments(0)

はにわまつり


a0208786_20374355.jpg

a0208786_20383776.jpg

a0208786_20364879.jpg


櫟本校区主催のイベント「はにわまつり」
地域共同体の機能が衰退傾向にある中、学校と地域が連携してこれだけのイベントを気持ちよく成功させてしまうのは、今どきかなり珍しいことだと思う。とにかく晴れることが前提のこのイベント。気持ちのいい晴天に恵まれ、よかった、よかった。
朝日新聞や奈良新聞の取材もあったので、明日の朝刊に、関連記事が掲載される予定。
[PR]
# by lastsalt | 2017-02-04 20:39 | Comments(0)

画伯ふたたび


a0208786_0494651.jpg

a0208786_050841.jpg

a0208786_0502639.jpg


「大きい紙のやつ、やろうよ」としきりに言うので、紙もさらに大きくしてやってみた。
前回は、私の予想に反して、「何かを描こうとした」彼だったが、「そうじゃない、意味のあるものやかたちのあるものを描くんじゃなくて、ただ好きなように色を塗るだけなんだよ」というメッセージをどうやら理解してくれたようだった。
3回目になるので、手順も理解して、いろんなことが少しずつスムーズに出来た。
「うまくかこう」とか「ほめてもらおう」とか、何も考えないで、ただ思いのままに紙に色を置くいう作業は、美術表現の原初的光景とも言える。
絵を描くって楽しいなあ。それ以外に何が必要なのか?!
[PR]
# by lastsalt | 2017-02-02 00:50 | Comments(0)